从数词“4”来看中日的文化差异_日语论文.doc

数词的文化内涵影响深远而广泛。在世界上通用的数词对于不同的国家和民族来说也是有不同的文化含义。即使是相同的数字在不同的国家和民族面前也是具有其独特的意义的。为此,

要旨

 

日中の言語の中で、数詞は長い歴史がある。数詞は言語の符号だけでなく、更に1種の文化の符号である。しかし、社会の発展と人類の文明の進展に伴い、それはまた、人々の感情を交流していて、言語の代わりの働きがない。数詞は文化的な環境影響受け、豊かな文化色彩を持っている。

本論では、はじめに、日中文化上の歴史と発展、日常生活中の運用と表現に基づき、中日両国民の数詞「4」への理解、文化差などの形成原因探りたい。更に各方面から両国の宗教信仰、および各自の心理特徴と思考方式を探求したい。今後日本人との交流に誤解と衝突を免れるようにと考える。

 

キーワード:数詞「4」;日中文化;歴史と発展;運用と表現;態度

 

目次

要旨

中文摘要

1. 序論1

2. 数詞「4」の歴史と発展2

2.1日本での歴史と発展

2.2中国での歴史と発展

3.数詞「4」の運用と表現.2

3.1日本での運用と表現

3.1.1数詞「4」の運用

3.1.2番号中の数詞「4」

3.2中国での運用と表現

3.2.1食卓上の数詞「4」

3.2.2諺の中の数詞「4」

4.日中両国民の数詞「4」に対する態度とその成因4

4.1態度

4.2成因

4.2.1日中の文化の相違

4.2.2日中宗教信仰の相違

4.2.3国民の心理特徴と考えの相違

5.おわりに  5 

参考文献.6

謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部