浅析《白夜行》中的人性_日语论文.doc

本文以对《白夜行》中的男女主人公的人生经历为主要内容。分析男女主人公的人物形象以及他们所经历的对于人性的考验,阐述从自身的角度来对人性救赎的重要性。另外通过对警察

要旨

 

今の日本推理小説界で活躍した小説のジャンルは主に本格推理小説と社会派推理小説である。本格推理小説は完璧な犯罪と事件のいきさつを重視して、人と人の感情を疎かにする特性がある。本格推理小説と違って、社会派推理小説は事件を周到的に推理する特性があるだけでなくて、事件発生の動機を掘り起こすことと犯罪の社会原因を突き詰めることを重視し、現実的な生活と人と人の感情揉め事を注目する特性もある。

 東野圭吾さんは「新民週刊」のインタビューを受ける時「私はずっと自分の作品が読者により多くのものをもたらしてほしい。例えば、人間の独白、社会の冷やし、これらは人類が永遠に注目する必要があるものだと思う」と言った。彼の作品はその通りに、大多数が社会と人間性を注目している日本の新しい探偵作家の代表人物として東野圭吾は今の日本推理文学界で右に出る者のない大立者である。彼の作品は読者の中で本当に人気が出る。「白夜行」はその中で重要な代表作品である。小説「白夜行」より脚色するドラマも東野圭吾に潮のような好評をもたらす。しかし、今まで中国で「白夜行」についての研究はまだ多くない。

 「白夜行」が読者に目を引きつるのは込み入った奇妙な事件だけでなく、主人公唐沢雪穂と桐原亮司の愛情も小説でキャラクター自体の魅力である。本稿は主人公唐沢雪穂と桐原亮司の人生経験を主要な内容として、人間性を喪失する原因と人間性の試練と人間性の救済、この三部分から「白夜行」の中で体現した人間の善悪を分析したい。主人公唐沢雪穂と桐原亮司のキャラクタと彼らが経験した人間の試練を通じて、自身の立場から人間性を救済することの重要性を説明する。一方、警察笹垣潤三が第三者としての立場から他人を救う覚悟がある事の必要である。

 人間の善悪は生まれつきのものではなくて外部からの要因があり、これは悪さをする言い訳にならない。人間の善意のために、自分の善意を守る同時に、他人を思いやることも大切である。

キーワード:人間性;「白夜行」;唐沢雪穂;桐原亮司

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに  1

1.1東野圭吾について

1.2東野圭吾の作品について

1.3「白夜行」について

2.人間性喪失の原因2

2.1外部からの要因

2.1.1家庭

2.1.1.1家庭からの影響

2.1.1.2現実意義

2.1.2社会

2.1.2.1社会からの影響

2.1.2.2現実意義

2.2内部からの要因

2.2.1自分のせい

2.2.2現実意義

3.闇の中の温もり  6

4.終わりに  7

参考文献 8

谢辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部