浅析日本名片文化_日语论文.doc

日本人执着于名片,反映了一种根深蒂固的等级认同意识和安分心里。作为身分的代表,名片无论对上层人士还是下层百姓,都同样重要。正如资深日本通,美国驻日商会前主席马克·齐

要旨

 

日本で江戸時代から使われ始めた名刺は、現在ではビジネスマン必携用品の一つである。当時は今のような使い方ではなく、訪問先が不在の際に来訪を知らせる意味で、戸口の隙間に挟んで帰るという使い方をしていた。

日本は世界でもっとも頻繁に名刺を用いる国だと言われている。名刺の交換マナーも重んじており、このことから、日本は高度な「肩書き社会」であることがわかる。

日本人が名刺を好む原因の一つは、彼らの複雑な姓氏である。確かに、名刺は自分自身の存在を証明するのに必要であるが、肩書き重視の弊害が目立つようになった。名刺は何を捨てて何をとるのであろうか?

それでは、名刺の意義と未来について、ともに考察を行なうこととしたい。

キーワード:交換マナ―;肩書き;名刺の未来

 

目次

要旨

中文摘要

1、序論.1

2、名刺の紹介1

2.1 定義

2.2 略史

2.3 形態、材質

3、名刺の使用現状.3

3.1  ビジネスマンの必携ツール

3.2  自分の分身としての名刺

4、名刺交換時における基本マナー5

4.1名刺の準備

4.1.1  名刺の枚数と名刺入れ

4.2 名刺交換の順序

4.3名刺の差し出し方と受け取り方

4.4名刺交換後のマナー

4.5名刺交換に関する注意事項\\

5、肩書き社会.10

5.1日本の高度な「肩書き社会」

5.2肩書きによる弊害の顕著化

5.3肩書き社会の背景

6、名刺の必要性と将来展望.11

6.1名刺の必要性

6.2名刺の将来展望

7、結論13

参考文献.15

謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部