战后日本女性社会地位的变迁–女性观念的变化及原因的视点.doc

通过文献的调查了解战后日本女性社会地位的变化,从日本女性的家庭观、婚姻观和就业观三个方面来分析女性的改变,由此可以看出战后女性的不同和思想的变化,透露出社会的发展

要旨

 

古来、日本女性の社会地位に注目される。戦前の日本が、男性は主導的な地位で、女性は地位が低いといわれた。戦後の日本経済の発展と繁栄によって、社会生活の各方面に深刻な変化で、最も重要な変化は日本女性の伝統的な良妻賢母観の束縛から解放されて、現代の生活の行列に踏み入る。女性の自分の勇気と知恵で政治、経済と社会の舞台で活躍し、社会変革を促進する方面に重要な役割を果たす。家から出て、仕事をして、ビジネス女性となった。女性の社会地位は大きな変化が生じた。

昔、日本には男女の分業は明確である。男性が支配の伝統の家庭の中で、父や夫の高い権威で、母、妻と娘は彼らの付属品である。女性が三従四徳に従わないといけない。これは、明らかに女性への制限である。『男が上、女が下』という男尊女卑の観念は、絶えず広めていた。嫁入り婚が主流となり、女性が男性の実家に入り、さんざんにいじめられたこともあった。

明治維新以降、日本は近代社会発展を獲得したとともに、女性が解放された。でも政治的な権利がない、女性は家庭の中で、地位も十分低下である。戦後、日本女性は非常に注目された。当時の女性達は、公民権、参政権、選挙権と被選挙権等を含めた女性の権利を獲得するために、多くの努力をする。結局、政治面における権利は、とうとう政府に承認された。日本の平和憲法を制定して、日本の女性は法的な地位を獲得した。それが革命的な変化といわれる。しかし、現実には、日本はまだ男性中心の社会では、女性が脇役しかない。男女平等は依然として日本社会の主な課題である。 

本論文は日本女性の婚姻観、家庭観、就職観の3つの方面から、女性の地位変化を分析して、日本の女性の社会的地位を明確する。そして、日本女性の地位の変化や原因とその影响を考察する。

 

キーワード:日本女性;社会地位;変化

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに1

2. 女性の観念の変化と要因..2

2.1女性の結婚観の変化と要因

2.2女性の家庭観の変化と要因

2.3女性の就職観の変化と要因

3. 変遷の影響4

3.1積極的な影響

3.2消極的な影響

3.3将来展望

4. 終わりに5

参考文献.6

謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部