从《源氏物语》中的紫姬看平安时期日本女性的命运_日语论文.doc

把紫姬这个人物形象的命运和平安时代女性的命运结合起来,通过紫姬这个个体形象的际遇和命运,看到当时日本女性这样一个群体状况,由特殊性看到普遍性这样的研究并不多。同时

要旨

 

『源氏物語』は日本の古典文学で、日本の文学に対して、巨大な影響を与えたことがある。「日本の古典文学のピーク」と褒められていた。小説はヒカルゲンジの感情線をめぐっていて、プロットを発展させて、光源氏と各個女性の情感関係を描写しました。 人々は『源氏物語』に対した研究が多様で、女性の人物にたいする研究も多かった。社会の発展につれて、女性の地位はだんだん高まって、それと同時に女性問題に注目して、関心を払う人が多くなる。

小説には、女性イメージの性格はそれぞれ異なっていた。彼女たちはほとんど高貴な出身があって、絶美な容貌あるいは目ざましい才能と技術を持っていた。しかし、これらの女性は最終的に悲惨な結局を逃げてしまうことができなかった。当時の経済と政治環境、独特な婚姻制度および男性と女性の社会的地位などのことはその悲惨な結局の原因であった。この論文は一番代表性のある若紫という人物イメージを研究して、これによって、その社会背景に平安時代における女性の悲惨な運命を引き起こす原因を了解する。その上、日本の女性はこの時期に境遇の特殊性と普遍性を了解させて、それから日本の文化を深く了解したい。

 

キーワード:『源氏物語』;若紫;平安時代;女性の命運;原因

 

目次

要旨

中文摘要

1.始めに――研究の目的と意義1

2.若紫について   1

2.1幼い時

2.2光源氏に盗まれた後

2.3若紫の結局 

3.平安時代における日本女性の運命  2

3.1上流クラスの女性――女三宮

3.2中流クラスの女性――空蝉

3.3庶民階級の女性――明石姫

4.原因  4

4.1時代原因 

4.1.1歴史

4.1.2政治

4.1.3経済

4.1.4思想文化

4.1.5婚姻制度 

4.2他の原因  6

4.2.1女性の地位

4.2.2男性の要求

5.終わり 7

参考文献     9

谢辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部