日本“民俗艺能”的社会意义、构成及特色_日语论文.doc

日本“民俗艺能”的社会意义、构成及特色_日语论文 無形の文化遺産は私達の先祖から伝わってくるもので、一つ一つ地域生活の結晶である。それは私達の過去であるとともに、グロ

目次

 

はじめに

1 日本における民俗芸能への社会支援の意義

1.1 民俗芸能の概念

1.2 民俗芸能の社会支援の意義

1.2.1民俗芸能の社会的機能とこれら機能の変容

1.2.2今日において日本の民俗芸能が直面する問題

 

2 日本における民俗芸能への社会支援システムの実態構成

2.1民俗芸能への社会支援の主体と支援内容

2.2支援主体の事例

2.2.1文化庁:文化振興事業

2.2.2地方自治体:鳥取県 伝統芸能等支援事業

2.2.3教育委員会と学校:日本の伝統・文化理解教育推進会議

2.2.4文化振興の財団法人:財団法人地域創造

2.2.5研究室:東京文化財研究所

2.2.6民間企業:九州電力の事例

2.2.7マスコミ:NHKの事例

2.2.8保存会:今津人形芝居保存会長浜曳山祭囃子保存会

2.2.9国際交流:文化財の国際協力の推進会議

 

3 日本における民俗芸能への社会支援システムの特色

3.1 多様性:多次元で選定、評価

3.2 主体性:必要に応じる支援

3.3 発展性:「保存」から「継承」へ

おわりに

 

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部