日本美術が西欧に与えた影響_日语论文.doc

日本美術の海外流出と日本美術が西欧各分野に与えた影響を述べた。総じて言えば、その影響は、理性から感性の美学観念へ、立体感から平面化の視覚表現へ、人文から自然と庶民

要旨:本稿では、美術及び文化の視点から19世紀後半に日本美術が西欧あらゆる芸術の分野、特に絵画の分野に積極的な影響を与えた歴史を顧み、日本の美の特徴を探り、異文化との交流過程中現れた特徴を述べた。総じて言えば、その影響は、理性から感性の美学観念へ、立体感から平面化の視覚表現へ、人文から自然と庶民へ、複雑から洗練へ、ということである。また文化の視点から、異文化と交流する過程に興味深い特徴を論じた。こういう分析を踏まえ、日本美術が19世紀さらに西方現代文明の行方に影響を及ぼしたといってもよいと思う。

キーワード:ジャポニスム 日本美術 西欧 影響

 

本稿では、十九世紀後半から約一世紀ぐらい続いたジャポニスムの時代背景、日本美術の海外流出と日本美術が西欧各分野に与えた影響を述べた。総じて言えば、その影響は、理性から感性の美学観念へ、立体感から平面化の視覚表現へ、人文から自然と庶民へ、複雑から洗練へ、ということである。また、文化の視点から日本の浮世絵の特徴及び異文化と交流する過程に現れた特徴を論じた。第一に異文化の受容は表面的な階段から深く理解し、さらに活用するステージへ行く。第二に異文化を知ろうとするとき、自分に必要で役に立つものを集めるものである。第三に異文化との交流は文化発展の源泉となることである。本稿は、ジャポニスムという現象に対する研究より、日本の美の源泉を意識したとともに、日本美術が19世紀さらに西方現代文明の行方に影響を及ぼしたといってよいと思う。

 

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部