太宰治的孤独感-《斜阳》为中心_日语论文.doc

太宰文学は代表作の「斜陽」「桜桃」「ヴィヨンの妻」「人間失格」など十篇あまりだけ中国語に訳された。これは太宰生涯何百編の作品に比べたら、ただ極めて小さい部分にすぎ

要旨:日本敗戦後、その混乱した世相を背景に、自嘲的そして自虐的な態度で創作する、無頼派とも呼ばれる作家たちが活躍していた。「斜陽」、「人間失格」の作者、太宰治はその代表的な存在である。彼は道化の中に反俗の姿態を示し、破滅型の小説世界を築いた。日本では、太宰に関する研究は様々あって、今でもその研究がずっと続いている。意見を統一できず、太宰その人及び太宰文学への評価も分岐が多い。本稿では、太宰文学の中から感じられるその深い孤独感を軸として、従来の研究を踏まえた上、代表作『斜陽』を解析し、自分なりの考えを整理してまとめてみたいと思っている。これを道してより一層太宰文学の真髄を理解できるよう努力してみたい。

キーワード: 孤独 反俗 純粋 人間不信

 

  中国では太宰文学は代表作の「斜陽」「桜桃」「ヴィヨンの妻」「人間失格」など十篇あまりだけ中国語に訳された。これは太宰生涯何百編の作品に比べたら、ただ極めて小さい部分にすぎない。従って、より多くの太宰文学を普通の中国読者に紹介することにも自分の力を捧げようと思う。

生活や作品の中の太宰治は弱者のように見えるが、本当は強者であり、心の王者であると言えよう。そんな太宰であるからこそ今まで読み継がれていて、そして今後とも読まれていくのではなかろうか。それこそ太宰治の本当の魅力ではないかと思われる。

 

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部