从日本文学看日本人的美意识_日语论文.rar

もののあわれ、幽玄、風雅を崇める気質も育成して、さらに日本の文芸精神の底流になっていた。そして万物流転・物心一致を表すもののあわれ、余情妖艶・優美繊細を表す幽玄お

要旨:中国の古典と仏教経典から出た無常思想が日本文化の中に大きな役割を果たしていて、日本人にその独特な文化性格と精神構造を形成させていた。もののあわれ、幽玄、風雅を崇める気質も育成して、さらに日本の文芸精神の底流になっていた。そして万物流転・物心一致を表すもののあわれ、余情妖艶・優美繊細を表す幽玄および孤独静寂・枯淡風雅を表す侘びと寂びは日本の独特な美意識の形態を生み出した。

キーワード:無常 もののあわれ 幽玄 侘び 寂び

 

摘要:产生于中国古典和佛经的无常思想在日本文化中发挥了极其重要的作用,使日本人形成了其独特的文化性格和精神结构,培育出崇尚悲哀、幽玄、风雅的气质,进而成为酝酿日本文艺精神的底流,产生了表现万物流转、物心合一的物哀美、余情妖艳美、优美纤细的幽玄美、孤独静寂的闲寂美以及枯淡风雅的空寂美等独特的日本美意识形态。

关键词:无常 物哀 幽玄 空寂 闲寂

 

中国の古典と仏教経典から出た無常思想は、日本の悠悠たる発展歴史の中に大きな役割を果たしていて、日本人の文化心理に深い影響を与えた。それだけではなく、日本人の文学、芸術、芸能などの美意識の成立にも大きな影響を与えている。無常思想の影響によって、日本文化で同情共感・優美繊細を表す感情が出てきた。その中で、万物流転への感性意識、人生無常への詠嘆がさらに哀愁の内包を持っていて、日本民族の審美思想の基礎を構成して、悲劇の意識を表し、自分なりの覚悟を通じて人生を体験して、幽玄・侘び・さび・粋などの独特な美意識を生み出したのである。

 日本人の美意識の底には、常に自然との一体感と、仏教の「諸行無常、盛者必衰、因果応報」の考え方が流れている。そして、時代によって表現される美意識は異なっている。日本文学、芸術などの分野におけるこれらの美意識は日本人の先祖が長期の生活時間の中で絶えずに客観的な事物に対して探求したり、思考したりした産物であると思う。これらの美意識は確立してから、日本人の意識構造、価値観にも深い影響を与えていた。それによって日本文化の価値体系の基礎を形成して、日本民族の性格の発展方向を決めていた。そして、仏教の無常思想の影響のもとで、これらの美意識が追求するのは、できるだけ自然に接近していて、修飾されないものである。本稿では主に日本文学の方面から日本人の主な無常的美意識について、ちょっと研究してみたいと思っている。

 

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部