分析日本应对全球气候变化的环境对策与战略_日语论文.rar

国連の提唱をもとして、国際各国も地球温暖防止について対策と取り組みはいろいろある。日本は島国として、気候変化は日本に深刻な影響している。日本地球温暖化の対策と法律

要旨:目前、地球気候変化もう全世界で注目されている問題である。国連の提唱をもとして、国際各国も地球温暖防止について対策と取り組みはいろいろある。日本は島国として、気候変化は日本に深刻な影響している。日本地球温暖化の対策と法律機制を研究することは重要な意義がある。

  日本はアメリカ、中国とロシアに次いで、第四の二酸化炭素排出国であり、毎年排出量が3億トンであるということから見ると、全アフリカと中南米二酸化炭素排出量の総量になると言われる。二酸化炭素の排出で、大気の中にある二酸化炭素などの温室ガスが増える一方で、全球がだんだん温暖化している。日本全人口の48%の人々が海の近くにある市町村で生活しているので、地球温暖化により、生活や農業と漁業の生産活動にいろいろな変化が生じている。

  目下、地球気候変動はもう全人類が関心をもっている普遍的な問題となっている。本論文で地球温暖化によって様々な悪影響および国際社会の応対とその動向について簡単に説明し、日本が地球温暖化防止のために制定したいろいろな政策を紹介し、または国際の研究動向と経験に加え、我が国の実情に即した実施すべく特別な対策と手立て、および政府が専門機構を設立し、法律と政策を制定するとか、産業部門別も独自の対策を制定し、削減目標を策定するとか、全国民が参加するキャンペンを計画するなどの提言を述べさせていただく次第である。

キーワード:地球温暖化;京都議定書;戦略ビジョン;新しいエネルギ;法律;わが国の国情と自分の政策

 

摘要:目前,全球气候变化已经成为全世界普遍关注的热点问题。在联合国倡导下,国际社会先后签订了《气候变化框架公约》和《京都议定书》,开展了应对气候变化问题的国际法层面的探索和尝试。日本作为岛国,其国土海拔较低,人口密集区域分布在沿海的冲积平原,气候变化对其影响很大。分析日本应对气候变化的政策和法律机制对我国具有借鉴意义。

   日本是继美国,中国和俄罗斯之后的世界第四大碳排放大国,被定为每年排放量3亿吨以上,是全非洲和中南美洲碳排放的总量。碳的排出,增加大气中二氧化碳的温室气体,导致全球变暖。全球人口的48%是面向海面的市镇村生活的日本人,由于地球变暖的影响,海面气温和海水温度的上升,生活和农业、渔业也都发生了变化。

   本论文阐述了地球温暖化所产生的后果以及国际社会的应对动向, 介绍了日本防止地球温暖化的对策, 并结合国外的研究动向和经验, 提出了我国应采取的对策措施及建议: 政府建立专门机构, 制定法律、政策; 产业部门制定各自的对策和措施保证目标的实现; 开展全民宣传活动,形成全社会的自觉行动,组织科研力量进行研究。

关键词:地球温暖化;京都议定书;战略蓝图;新能源;法律;我国国情和政策

 

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部