论安部公房的《砂女》_日语论文.doc

本論文は安部公房の『砂の女』におけるメタファーとしての「砂」について、考察しようとするものである。すなわち、『砂の女』でメタファーとしての「砂」に隠されているもの

要旨:本論文は安部公房の『砂の女』におけるメタファーとしての「砂」について、考察しようとするものである。すなわち、『砂の女』でメタファーとしての「砂」に隠されているものを発掘し、さらに、「男」のその「砂」に対するイメージを手がかりとして、人間実存の状況を考察しようとする。そのために、「仁木順平」という固有名からひとりの「男」への転換、「男」の自我矛盾、「砂」に対するイメージの変容、「砂」という壁との争い、「砂」の世界という五つの面から、『砂の女』におけるメタファーとしての「砂」を検討してみたい。ここで、先行研究を踏まえて、『砂の女』の主人公、「男」の「砂」に対するイメージ、砂の世界を詳しく分析する。その上、『砂の女』で、メタファーとしての「砂」が現実世界での日常性という壁を意味し、その壁に辟易しないで、その壁と自発的に積極的な抗争するという態度が人間実存のあるべき状況だという主題へ導くのが『砂の女』という物語だ、という解釈を引き出すのが本論文の主旨である。

キーワード: メタファー 砂 イメージ 存在 壁

 

摘要:本文的研究目的是,通过对日本现代作家安部公房的代表作《砂女》的研究,探讨该作品中蕴含着隐喻意义的“砂子”的象征性,并进一步以主人公仁木顺平对“砂子”认识的思想转变过程为线索,对作品中表现的现代人应有的生存状态进行考察。

   本文从以下五个方面对作品《砂女》的内容进行了分析:(1)主人公从有名到无名的转换;(2)主人公的自我矛盾;(3)主人公对“砂子”认识的思想转变;(4)主人公与“砂壁”的抗争;(5)“砂子”的世界。并在先行研究的基础上,通过分析主人公的人生价值及他对“砂子”认识的思想转变,阐明了《砂女》中具有隐喻意义的“砂子”的象征性。经过分析笔者得出如下结论:在作品《砂女》中,安部公房用“砂子”来隐喻现实生活中世俗性的传统观念——现代人生活中的日常性。它宛如一堵不可逾越的“墙”,在精神上禁锢着现代人存在的自由。而《砂女》描述的就是在日常性这堵不可逾越的“墙”所支配的现实生活中,现代人的生存状态;《砂女》的主题就是要揭示在现实生活中,作为一个自我存在的人,在日常性这堵“墙”面前不退缩,积极主动地与之抗争,才是人类应有的生存状态。

关键词:隐喻,砂,认识,存在,墙

 

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部