浅谈日本新闻传媒的右倾化_日语论文.doc

本論文は主に日本を例にして、日本のマスコミの歴史を紹介し、それに現在日本国内におけるマスコミ右傾の現状を考察する。また、メディア研究理論としての沈黙の螺旋を説明す

要旨:現在、全世界の人々は様々なマスコミ手段によって緊密に結ばれている。テレビ、雑誌、新聞、インターネットなどのようなマスコミュニケーションにより、さまざまな情報が飛び交い、クローバル化もどんどん進んでいる。一般的には、マスコミは政治情報、経済発展情況、事故の進展状況、さらに芸能やスポーツの細かいところまで報道される手段として多用されているが、それと同時に、我々一般国民が外界の情報を手に入れるのに最も愛用し唯一の方法でもある。

  日本は一般的な視点から見ると、一つの民主的な国だと見られているかもしれない。また、国内で、大衆メディアはずっと公衆へ質のいいサービスを提供しているようである。しかし、言論自由を称する日本のマスコミには右傾の問題が日々悪化していく。それに、マスコミにおける右傾の問題は日本だけではなく、中国やどの国でも同様かもしれない。

  従って、本論文は主に日本を例にして、日本のマスコミの歴史を紹介し、それに現在日本国内におけるマスコミ右傾の現状を考察する。また、メディア研究理論としての沈黙の螺旋を説明する。そして、現在マスコミのネック、特に大衆メディアであるインターネットを中心に、ネック情況を分析する。最後は沈黙の螺旋理論により、マスコミ問題を解決方法を検討する。本論文を通じて、どのように沈黙の螺旋理論を活用すればいいのか、及び、マスコミを一層完備し、右傾化を拡大することを阻止するのは、本論文の目的である。

キーワード:マスコミ;沈黙の螺旋;右傾;政治宣伝

 

中文摘要:现在,全世界的人们被各种各样的传媒手段联系在一起。电视,杂志,报纸,网络等诸多传媒手段,综合了各种情报,推进了全球一体化。一般我们认为,传媒的作用是报道政治情报,经济发展状况,事故的进展以及娱乐和体育的新闻。但是在这些作为媒体传播的手段的同时,也是我们一般公民获得情报的唯一及最常用的途径。

  在外国看来,日本是一个民主的大国,而国内的传媒行业也一直为大众提供大量高质的传播服务。但是,以言论自由号称的日本传媒实际上出现了日益严重的右倾问题。而传媒中的右倾问题不仅出现在日本,中国及其他国家也有同样的困扰。

  因为,本论文将以日本为例,介绍日本传媒的发展历史,并且考察日本国内现存的传媒右倾化的现状。另外,还将介绍作为研究传媒的工具而使用的沉默的螺旋理论。然后,以网络为中心分析传媒业中的诟病,最后通过沉默的螺旋理论,探讨解决传媒业中出现的问题。而本论文的目的是,通过本论文,探明如何活学活用沉默的螺旋理论,并且,又该如何趋利避害,阻止右倾化问题的扩大。

关键词:传媒;沉默的螺旋;右倾;政治宣传

 

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部