论日本遣唐使(日唐文化交流)_日语论文.doc

日本の当時の統治者は乱れた政治を立て直し、17条憲法を制定し、中央集権制を化するために、唐の政治、文化、経済などの吸収をめざして、遣唐使を中国へ派遣した。

要旨:この論文は遣唐使について書いたものである。今から1200年も前に、すでに、日中交流のために大いに貢献した遣唐使と彼らの精神を書いてみたい。

日本の当時の統治者は乱れた政治を立て直し、17条憲法を制定し、中央集権制を化するために、唐の政治、文化、経済などの吸収をめざして、遣唐使を中国へ派遣した。遣唐使は航海技術もまだ未熟の頃、簡単な使船に乗り、使命をはたすために、命をかけて、中国へやって来た。約260年間に10数回にも及んだ。

遣唐使は中国で一生懸命に勉強した。帰国後、彼らは日本の政治、文化、経済などにおいて著しい影響を与えた。中日の貿易も促進した。また、中国に根をおろした遣唐使もたくさんいた。彼らは唐朝の発展にも役割を果たしている。論文には日中に大きな影響を与えた何人かの遣唐使を紹介した。例えば、第一回目の遣唐使犬上御田鍬、有名な安倍仲麻呂、吉備真備及び最後の菅原道真等である。

894年天皇は菅原道真の建議を受けて、遣唐使を廃止し、ここで、遣唐使は終止符を打たれた。この遣唐使団は日中交流史上最も隆盛を極めた交流団体であった。遣唐使たちの精神とその功績は中国、日本両国の多くの人々によって、高く評価されている。

キーワート:遣唐使、日唐交流、文化、友好往来、学習

 

中文摘要:这篇论文主要描写的是遣唐使。从不同的几个方面出发,表达了遣唐使们为了中日的友好交流作出的极大贡献以及他们的无所畏惧的精神。

  当时的日本统治者为了平复内政的混乱,确立宪法,因此以当时最发达国家唐朝的政治,文化,经济为目标,远渡来到中国。遣唐使们在航海技术未发达时,乘坐简易的使船,为了完成任务拼命地来到中国。遣唐使团内有很多成员,他们各自担任不同的工作,齐心协力共渡难关。

  遣唐使们在中国全身心的投入到学习中,学成归国的人给日本的政治,文化,经济等方面带来了显著的影响,还促进了中日的贸易往来。另外,也有很多的遣唐使留在了中国,为唐朝的发展做出了贡献。论文中就介绍了几位最具影响力的遣唐使。如第一位遣唐使犬上御田鍬,有名的阿倍仲麻吕,吉备真备,以及最后的菅原道真。

  公元897年天皇接纳了菅原道真的建议,废止了遣唐使,从此遣唐使就告一段落了。但是,遣唐使团是中日交流史上不可磨灭的最繁盛的一个交流团体。他们的精神和功绩应被载入史册。

关键词:遣唐使, 日唐交流, 文化, 友好往来, 学习

 

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部