从近现代女性作家风潮看日本社会角色分工变化_日语论文.rar

近現代における作家群像のなかで、瀬戸内晴美を初めに女流作家の活躍は特に注目されている。日本文学史で女流文学が盛んになる時代は平安時代と近現代しかないとは言えるが、

要旨:近現代における作家群像のなかで、瀬戸内晴美を初めに女流作家の活躍は特に注目されている。日本文学史で女流文学が盛んになる時代は平安時代と近現代しかないとは言えるが、近現代の女流文学は新時代の曙とともに特定の時代の動きも呈してきたが、近現代における女性役割の変化がとりわけ著しく見える。それで、女性役割の変化は近現代の女流文学の繁盛と関わりがあり、一方、女流文学に対する研究は時代の変動と趨勢をよりよく把握することにも役立つと思う。

キーワード:女流文学 新教育 フェミニズム 主婦論争 性別分業

 

中文摘要:在近现代作家群像中,以濑户内晴美为代表的女性作家的活跃表现尤为引人注意。日本文学史上,平安时代和近现代是女流文学的两个繁盛时期,而近现代的女性文学伴随着新时代的曙光呈现出特定的时代脉搏,其中,集中体现了新时代女性在社会角色分工中的变化。因此,女性在职责和角色分工方面的变化与近现代女性文学的繁荣息息相关,另一方面,对女性文学的研究可以帮助我们更好的把握时代变化的趋势。

关键词:女性文学 新教育 女权主义 主妇大讨论 性别分工

 

文学は日常生活に基づいて創られたものであるが、真実の生活を多少反映できる。近現代の女流文学は平安朝に女流文学の開花と比べると、民主主義のもとで特有の時代精神などが与えられる。要するに、近現代に入ってから、日本社会における女性役割と性別分業の変動が感じられる。

 伝統的な性別分業は、女性は家で家事や家族の世話だけをすることであり、男性は外で働くという形で現れ出る。当時の社会通念によって、女性の能力や学識をいつも無視され、或いは見下ろされたゆえ、女は社会進出なんて恥知らずなことで、とんでもない話でもあった。

  しかしながら、近現代から日本に実施する新教育が普及した結果、近現代の女性たちに覚醒させ、そして高等教育は彼女らに幸せを追求するだけの力を提供した。自分の力に頼って男と同じように社会各分野で活躍し、一生懸命に男女平等という目標を達成するように働いていた。こういう劇的な変化は直ちに注目され、また文学方面で映されている。この時期に女流文学風潮は女性役割変動の最高の証であると思う。

 

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部