芥川龙之介的自杀原因_日语论文.rar

芥川の一生は様々な不幸が続き、幼い時代から付きまとう不幸は彼の性格を憂鬱にした。また、彼の生きる時代も混乱を極め、社会への絶望、人生や信念への懐疑などの問題もひど

要旨:芥川龍之介は1927年に「ぼんやりとした不安」で自殺してしまった。彼にその「不安」をもたらした理由は多岐にわたっている。芥川の一生は様々な不幸が続き、幼い時代から付きまとう不幸は彼の性格を憂鬱にした。また、彼の生きる時代も混乱を極め、社会への絶望、人生や信念への懐疑などの問題もひどく彼を苦しめていた。家庭の不幸、健康の悪化、愛情の失敗、恩師の早死、厳しい社会現実などが相まって、芥川に自殺の道を選ばせたのだ。

キーワード:家庭 健康 愛情 人生観 社会現実

 

中文摘要:芥川龙之介,于1927年怀着“模糊的不安”自杀,而导致他这“不安”的原因是多方面的,他的一生充满着坎坷,遭遇到了种种不幸,可以说是充满悲哀的一生。这些从童年开始的不幸导致了他悲观阴郁的性格,是他自杀的导火线。芥川生活在一个混乱动荡的时代里,在这样一个大背景下,对社会的绝望,对人性的怀疑,对信念的坚持与否等问题折磨着他,又是导致他走向死亡之路的必然因素。本文将对他如何走向自杀之路进行探讨。

关键词:家庭 健康 爱情 人生观 社会现实

 

 芥川龍之介は日本の有名な作家である。日本の文壇で“鬼才”と呼ばれていた。私は大学に入ってから、先生の紹介で芥川龍之介の作品を読み始めた。『羅生門』や『或阿呆の一生』などを読んで、感動した。この天才の作家が私に深く印象を残していた。作品だけでなく、すべてのことを了解したくなった。芥川は35歳の時に「何か僕の将来に対する唯ぼんやりとした不安」のために自殺してしまった。どうしてその若さで自殺したのか。私は彼の自殺の原因に興味を持っている。

 日本ではもうたくさんの学者は芥川龍之介の自殺を研究した。結論もさまざまだった。私は彼の作品を読んで、多くの資料を調べた。本稿で芥川の一生の経歴や彼の作品を通じて、芥川の思想と性格を研究して、さらに自殺の原因を探求したい。主に家庭、健康、感情生活、人生観、社会への不満から分析する。

 

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部