日本便当和审美意识_日语论文.rar

本論は弁当と美意識について研究している。まず弁当の歴史、定義、種類などに関して弁当を分析したいと思う。それから美意識の定義、分類などを書き、最後に弁当と美意識との

要旨:現代コンビニーがだんだん普及になってきて、日本の弁当はコンビニーの代表としてとてもきれいで、種類は多いである、例えば、すし弁当、日の丸弁当、牛肉弁当、サンドイッチ弁当である。前の種類を除いて、いろいろなしゅるいがある、一般的は行事、購入場所等による分類である。

  弁当は今も頻繁に使用されている、これは日本人の美意識と深い関係がある。日本人は美を重視して、そんなにきれいな弁当を作った。

  日本人の美意識の底には常に自然と一体感と仏教の諸行無常の考え方が流れている。しかし、時代の雰囲気によって表現される美意識も異なる。江戸時代に町人が作り上げた美意識で、気がきいてセンスのよいことを言う。「いき」と言う美意識である。こうした伝統的な美意識を近代文明と調和させる。

  本論は弁当と美意識について研究している。まず弁当の歴史、定義、種類などに関して弁当を分析したいと思う。それから美意識の定義、分類などを書き、最後に弁当と美意識との関係を分析する。この論文によって弁当と美意識の関係を分析し、我々は日本の美意識について日本人の美意識はなんであるか、どういうふうに形成したかという疑問を解きたいと思う。

  弁当の研究によって、美意識を知ることができて、その美徳を勉強して、人々はもっと優雅になって、もっと文明になって、世界はより美しくなるようにしたいと思う。

キーワード:弁当、起源、発展、文明

 

中文摘要:现代社会由于便利店普及,盒饭作为便利的代表一般都制作精美,种类繁多,比如说,寿司盒饭、太阳旗盒饭、牛肉盒饭、三明治盒饭,除了这几个种类,还有其他很多种盒饭种类。

   盒饭被广泛使用,这与日本人的审美意识有很深的关系,正因为日本人重视美,才会做出这么精美的盒饭。

   日本人的审美意识是建立在与自然融为一体的佛教无常观基础上的,但是,时代氛围不同,审美观也不同,江户时代商人的审美意识是感官上觉得精美的东西,这是传统审美意识与现代文明的调和。

   在这篇论文中,对盒饭与审美意识进行研究,首先,对于盒饭的历史、定义、种类、普及进行分析说明;然后,描写了审美意识到定义、分类等;最后写了盒饭与审美意识到关系。通过对盒饭与审美意识的分析,解开了日本的审美意识究竟是什么,是怎样形成的疑问。

   通过对便当的研究,知道了什么是审美意识,学习他们的美德,人们可以变得更加优美,更加文明。世界也会变得更加美丽。

关键词:便当、起源、发展、美德、文明

 

  美意識と弁当の関係から見ると、日本人は美を重視して、そんなにきれいな弁当を作った。弁当は日本人の美意識「わび」、「寂」、「いき」精神にたち、美しいとともにおいしい料理である。日本料理は「目で楽しむ料理」といわれている。もちろん、これも心を込めた料理である。日本人には全体的調和を重んじ自己主張を抑制し隠蔽することによって却って受け手の想像力を刺激し、日本人特有の奥深い表現を成しえるといった側面があるように、その国特有の文化、生活、歴史観などに大きく左右される部分が多い。

  日本人の美意識は一体どんな物とははっきりいうのはとても難しいことである、しかし、弁当から見る日本人の美意識は自然のものから美を見出す。わびさびの心は日本人の美意識に大きい影響を与えたことだと思う。

弁当の研究によって、美意識を知ることができて、その美徳を勉強して、人々はもっと優雅になって、もっと文明になって、世界はより美しくなるようにしたいと思う。これは本論の願望である。

 

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部