夏目漱石『吾辈は猫である』における批判的思考_日语论文.doc

『吾輩は猫である』は日本明治後期の社会生活の描写を中心に、当時の日本社会の不条理に鋭い批判を打ち出した。『吾輩は猫である』は無限の魅力を備え、いくら読んでも飽きず

要旨:「猫」のイメージは、日本の伝統の中で不吉なものだ、「猫奸犬忠」で、作者はこのイメージで、表面上笑って、腹の中に絶望厭世を表現した、『吾輩は猫である』は日本明治後期の社会生活の描写を中心に、当時の日本社会の不条理に鋭い批判を打ち出した。『吾輩は猫である』は無限の魅力を備え、いくら読んでも飽きず、ラストシーンは一部の人に思わず失笑を与える、そんな小説である。この笑いの効果と作者の独特な発想は――猫を主人公としてと密接に関係している。創作手法に作者は大げさな表現や奇抜な比喩、反語を多用した。本論では作家の研究に基づいて、作品の背景にして、創作意図、外国人作家の影響をされないか、および作品の中の滑稽、皮肉などの芸術スタイルが『吾輩は猫である』中の批判的思考を深く研究。『吾輩は猫である』独特の創作を背景がある、夏目漱石が猫を主人公としての芸術の発想は外国人作家の影響をされていない。これは夏目漱石のオリジナル。

 上記の基礎の上に、本文はさらに作品の主人公、近代文明の批判の両方から『吾輩は猫である』と漱石の作品の他の関係を論述する、主に『吾輩は猫である』という作品を述べる。漱石文学の特色を高く備えて批判の観念を探究する。

キーワード:夏目漱石;創作背景;批判意識

 

中文摘要:“猫”的形象,在日本传统里都是不祥的,“猫奸狗忠”,作者借此形象,表面上嬉笑怒骂,却表达了骨子里的绝望厌世,《我是猫》是以描写日本明治后期的社会生活为中心,对当时日本社会的不合理进行严厉批判。《我是猫》之所以具有无穷的魅力令人百读不厌、余味犹存就在于它是一部让人禁不住发笑的小说,这种笑的效果与作者的独特构思-把猫作为主人公密不可分。在创作手法上作者大量使用了夸张、比喻、反语等手法,本文在对作家研究基础之上,通过作品的创作背景、创作意图、是否受到外国作家的影响以及作品中的滑稽、讽刺等艺术风格对《我是猫》进行深入研究。《我是猫》有着其独特的创作背景,夏目漱石以一只猫作为主人公的艺术构思并没有受到外国作家的影响,是夏目漱石的独创。

    在上述的基础之上,本文进一步从作品的主人公、对近代文明的批判这两个方面论述《我是猫》与夏目漱石的其他作品的关系,主要就《我是猫》这部作品进行论述。探究漱石文学中极具特色的批判观念。

关键词:夏目漱石;创作背景;批判意识

 

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部