从司马辽太郎的作品看日本人性格的矛盾性_日语论文.rar

日本文化の中でたくさんの矛盾らしいことがある。司馬遼太郎の作品で日本人性格上のこのような矛盾的なことを徹底的に体現する。本文は3つの部分から日本人性格の矛盾性を論述

要旨:日本文化の中でたくさんの矛盾らしいことがある。司馬遼太郎の作品で日本人性格上のこのような矛盾的なことを徹底的に体現する。本文は3つの部分から日本人性格の矛盾性を論述する。まず、第一部分で、司馬遼太郎の一生と主要な作品を紹介して、それによって全文を更に深く了解することができる。第二部分、その他の日本人の矛盾性の文献を通じて、本文を分析して本文を補充する。第三部分、司馬遼太郎の作品を通じて日本人性格の矛盾性を分析。

キーワード:司馬遼太郎、性格、矛盾

 

摘要:日本文化中存在着很多矛盾的地方。从司马辽太郎先生的作品中可以很明显的看出日本人性格中的矛盾点。本文从三个部分论述日本人性格的矛盾性。首先,第一个部分,介绍司马辽太郎的生平及主要作品,从而能更清晰的看懂全文。第二部分,通过其他关于日本人性格矛盾性的文献来丰富本文。第三部分,通过浅析司马辽太郎的几部作品来看日本人的性格的矛盾。

关键词:司马辽太郎  性格   矛盾

 

先行研究

 日本の有名な小説家司馬遼太郎は色々な歴史小説を書いた。彼は世に知られない人が乱世の中で歴史を創始して英雄になることを描写することが好きである。彼の小説の中の英雄的な人物は大部分が健康な明るくイメージで出現する。司馬遼太郎は英雄を描写することが好きであるが、日本で本当の英雄がいないと思っている。「源頼朝(1147~1199年、鎌倉幕府の初代の将軍)は偉大な政治家だけれど、人々に好きになられない。源義経はつまらない人物だが、大い人に気がある。大久保利通(1830~1876年)もかなり偉大な政治家である。しかし、日本人は子供みたいな西郷隆盛(1827~1877年)が好きである。つまり、政治は男の世界で、日本人は女性の特質を持っている政治家が好きである。例えば、西郷隆盛時々詩を書いて、何かの名言を発表して、結果、大久保利通に比べて更に人気がある。」それを見ると、日本人の性格上の矛盾点を明らかに見える。本文は司馬遼太郎の色々な作品にとって、日本人の性格の矛盾なことを掲示する。

 

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部