集团意识对日本人性格形成的影响_日语论文.rar

本論は集団意識の由来、集団意識の形成を促進した要素、集団意識と日本人の性格という三つの部分に分けて論じる。第一部分は集団意識の源、つまり、武士の「忠」の理念から生

要旨:「出た釘は打たれる」という諺が現しているように、日本人は集団意識が強く、個性を主張するのは危険なことだと考えられる。日本人の集団意識について、国内外の学者が深く研究してきたが、その影響に対する著作がまだ少ないと言える。本論はその影響の一点、つまり、日本人の性格の形成に与えた集団意識の影響を探求していきたいと思う。

  本論は集団意識の由来、集団意識の形成を促進した要素、集団意識と日本人の性格という三つの部分に分けて論じる。第一部分は集団意識の源、つまり、武士の「忠」の理念から生まれたことを述べる。第二部分は地理環境や稲作文化、また、「家本位」の観念から集団意識の形成を促進した要素を紹介する。第三部分は五つの点から集団意識と日本人の性格の関係を探求する。

  集団意識は武士の「忠」の信念から生まれ、地理環境などの要素の促進の下で日本人の性格の隅々まで染み込んだ。次第に、日本人の独特の曖昧な表現が形成され、世界を「内」と「外」に分けて取り扱う習慣もできた。これだけでなく、同僚同士や友達の間、互いに相手の気持ちに気を遣う義理意識も生み出され、会社のような自分の属する集団に忠誠を尽くす性格も集団意識の影響で形成された。他方、集団意識も日本人に悪い癖を持たせている。つまり、特殊なことを排斥する癖である。それで、私たちは集団意識の長所を伸ばし、短所を避けるべきであると思う。

キーワード:集団意識、影響、性格

 

摘要:正如谚语“枪打出头鸟”所表达的那样,日本人的集团意识强烈,强调个性被认为是很危险的事情。对于日本人的集团意识国内外的学者都有深刻的研究,但究其影响的著述尚且不算多,本文将就其影响的一点,也就是对日本人性格形成的影响稍作探讨。

    本文分为三个部分,分别是:集团意识的由来、促成集团意识形成的因素、集团意识和日本人性格。第一部分论述集团意识的由来,即由武士的“忠”的信念发展而来的过程;第二部分从地理环境、稻作文化、以及“家本位”观点介绍促进集团意识形成的因素;第三部分分为五点探讨集团意识与日本人性格的关系。

    集团意识来源于武士的“忠”的信念,又在地理环境等因素的促进下渗透到日本人性格的方方面面。由此,形成了日本人独特的暧昧的表达方式和将世界分成“内”和“外”区别对待的习惯。不仅如此,同事、朋友之间相互体谅对方感受的“义理意识”也由此被“催生”了。同时,对自己所属的诸如公司这样的团体尽心尽职的性格的形成也与集团意识不无关系。另一方面,集团意识也使日本人性格具有排斥特殊这一偏激的一面。因此,对于日本人的集团意识,我们要扬长避短,取其精华去其糟粕。

关键词:集团意识、影响、性格

 

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部