中日本幼儿教育现状对比_日语论文.rar

本文では、中日両国幼児教育の現状を対照して、幼児教育における格差を総括し、家族連携や社会協力などの面からこういう格差が現れる深層要因を分析してみる。まずは中日両国

要旨:幼児教育は生涯にわたる学習の始まりとして、教育システムの大切な一環になり、そして各国の重要な社会福祉サービスである。中国と日本は一衣帯水の隣国であるが、近年、幼児教育の分野においては、両国ともそれぞれの発展ができると思われる。日本は先進国であるゆえ、第二次世界大戦が終わって以来、日本教育制度が全面的に改正され、特に就学前教育の水準は世界でもハイレベルに達してくる。わが国も、改革開放して以来、就学前教育の分野にも、極めて大きな成果をあげてきた。特に1989年に、国務院は新中国第一の就学前教育行政法としての『幼稚園管理規定』を発布し、就学前教育の相関事務が規範化になりつつある。だが、わが国はまだ幼児教育の分野で日本とは大した格差がある。

  本文では、中日両国幼児教育の現状を対照して、幼児教育における格差を総括し、家族連携や社会協力などの面からこういう格差が現れる深層要因を分析してみる。まずは中日両国の就学前教育における現状を述べる。次に各種の格差が現れる要因を分析し、さらに家族連携や社会協力などが就学前教育への重要な影響を述べてみる。最後は幼児教育、特に就学前教育分野に社会注目の重要性を掲示すると同時に、日本の就学前教育における優れた経験、また日本人は自分の問題点について深刻な認識を持つため、教育分野、特に就学前教育の改善に力を入れるのはわが国に学習する価値があると指摘する。

キーワード:幼児教育;中日両国;家族連携;社会協力

 

摘要:幼儿教育是终生学习的开端,是国民教育体系的重要组成部分,是重要的社会公益事业。中日两国作为一衣带水的邻邦,近年来在幼儿教育方面各有发展。日本作为发达国家,在二战后对教育制度进行了全面的改革,如今幼儿教育水平已位居世界前列。而我国在改革开放以来,在学前教育方面也取得了巨大的成就。尤其1989年《幼儿园管理条例》和《幼儿园工作规程》等规章颁布后,幼儿教育的相关方面得到逐步规范。然而,目前我国在幼儿教育领域仍与日本存在着可观的差距。  

   本文立意于对中日两国幼儿教育现状进行对比,总结两国在幼儿教育各方面存在的差距,并且从家庭配合与社会支持等角度分析产生这些差距的深层因素。首先,分别介绍中日学前教育现状,并对比分析两国在相关方面的区别与差距。接着分析产生这些差距的家庭与社会等方面深层原因。最后试图阐述家庭协作与社会支持对学前教育的重大影响,呼吁社会关注学前教育,学习日本重视幼儿教育、积极发展及扶持幼儿教育的基本精神。

关键词:幼儿教育;中日两国;家庭配合;社会协作

 

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部