《挪威的森林》中主人公的孤独感的考察_日语论文.doc

先行研究虽然经常以“孤独感”为着眼点考察《挪威的森林》,对“自我”的分析是其中重要的线索;另外,先行研究认为村上春树是一个对“自我问题”严肃而认真的作家,经常以“

要旨:日本の現代文学に言及すれば、村上春樹は無視できない作家である。『ノルウェイの森』は村上春樹の代表作として、1987年日本で発行した後、1500万冊ほどを販売している。この物語は、主人公「わたなべ」が、自殺した友人「キヅキ」の恋人だった「直子」と、大学で仲良くなった「みどり」の2人の女性とのかかわりの中で「孤独感」について考え成長していくストーリーを描いた作品である。   

先行研究は常に「孤独感」を着眼点として『ノルウェイの森』を考察したが、「自我」がその重要な手がかりである。一方、先行研究は村上春樹を自我問題に真剣に向き合う作家と見なして、「自我」をキーワードとして『ノルウェイの森』を研究している。しかし、現有研究には、他者、現実社会に対する意識の角度をも考慮することが少ない、それうえ、本論文は「自我」「自意識」の視点だけでなく、他者、現実社会に対する意識の角度をも考慮に入れて、『ノルウェイの森』における孤独感の本質について考察した。

まず、登場人物の孤独感のあり方を考察した。次に、上述の登場人物の「孤独感」の本質を解明するために、『ノルウェイの森』における若者たちの自意識、他者と現実世界に対する意識を考察した。その次、「孤独感」の形態を根拠として、「孤独感」を起こす原因を解明する。そして、『ノルウェイの森』における若者たちは膨張した自我を持ち、他者と現実世界からの隔離によって、一人ひとりに自閉的な世界を持っている。そのような他者と現実社会からの隔離、膨張sした自我による自閉性は彼らの「孤独」の本質であると思う。

したがって、『ノルウェイの森』は自我の再発見・確立の物語ではなく、膨張した自我から抜け出して、他者と現実世界を発見し、近づこうと試みる物語である。

 

キーワード:孤独感;自我;他者;現実世界

 

目次

要旨

中文摘要

1、はじめに-1

2、「孤独感」の形態類別-2

2.1他人を愛する能力を失った「孤独感」

2. 2自分のことを愛する能力を失った「孤独感」

2. 3他人を愛する能力が持っている「孤独感」

3、孤独感の実質-5

3.1主人公の自意識

3.2他者に対する意識

3.3現実世界に対する意識

4、孤独感を起こす原因-7

4.1現実世界から隔離した原因

4.2自分の世界に閉鎖した原因

5、おわりに-8

参考文献-10

謝辞-11

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部