林少华和赖明珠的翻译比较–以《挪威的森林》为中心.docx

本文以林少华和赖明珠的译作为中心,第一章论述了先行研究、研究的缘起和研究的范围、研究的目的和意义;第二章是译者和作者的介绍;第三章以表格的形式从人物描写、心理描写

要旨:村上春樹は我が国の文学界にかなり影響力がある作家である。多くの中国人は林の訳文を通して初めて彼の作品と出会った。「村上春樹専業家」と呼ばれている林先生は村上春樹の殆ど全ての小説を翻訳した。そのゆえ、村上春樹のファンに「林家舗」という綽名を頂いた。

しかし、大陸の読者が熟知していない香港と台湾における一人の女性翻訳者がおり、彼女は頼明珠である。村上春樹の小説は中国においていくつかの翻訳者に翻訳され、香港と台湾地域から中国大陸の図書市場に入り、激しい競争の中で林と頼の訳本は試練に耐え、読者の間に広まっている。二人の訳文を中心に行われている学術研究も少なくない。

本論では林少華と頼明珠の訳本『ノルウェイの森』を中心に研究したい。第一章では先行研究、研究の縁起と研究の範囲、研究の目的と意義について述べたい。第二章では訳者と原作者を紹介したい。第三章ではフォームの形式で人物描写、心理描写と風景描写などの面から二人の翻訳特色を比べ、第四章では異化と帰化の角度から二人の中訳本を比較し、第五章では林少華と頼明珠の翻訳風格を探りたい。

翻訳という仕事は崇高なのである。言語転換力が必要だけではなく、豊富な知識と長時間の孤独に耐える忍耐力も必要だ。謹んでこの文章をもって翻訳場に頑張っている先輩たちに敬意を払う。

キーワード:ノルウェイの森;林少華;頼明珠;文学翻訳

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに1

1.1先行研究

1.2研究の縁起と研究の範囲

1.3研究の目的と意義

2.訳者と原作者の紹介4

2.1訳者の紹介

2.2原作者の紹介

3. 林少華と頼明珠の翻訳特色の比較5

3.1 専用名詞の翻訳

3.2 四字成句の翻訳

3.3 カタカナ姓名の翻訳

3.4 風景描写の翻訳

3.5 心理描写の翻訳

3.6 人物描写の翻訳

4.異化と帰化角度からの『ノルウェイの森』中訳本の比較.10

4.1帰化と異化の理論

4.2成語典故

4.3文化的な色合い語彙の翻訳

4.4感嘆詞

4.5時代特徴ある語彙の翻訳

5.林少華と頼明珠の翻訳風格の比較.13

5.1翻訳風格

5.2林少華と頼明珠の翻訳風格の比較

6.終わりに.16

参考文献8

謝辞9

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部