日本死刑制度的未来_日语论文.doc

死刑的存在必然有维护社会稳定的作用,但它也存在着相当的弊端,在人权观念日益高涨的当今,日本的死刑制度的缺点越来越暴露在阳光之下。死刑在将来必然是会被废除的,也许会

要旨:本論文の目的は、現在日本の死刑制度の現状、社会的反響、将来展望を明らかにしていくことである。 

 まず第一章では、日本の死刑制度を説明して、この研究の目的と意義を闡明する。

次に第二章では、「死刑制度肯定論」により、社会、個人、遺族に対する死刑の刑法上の意味を分析する。更に第三章では、「死刑制度廃止論」により、死刑の弊害を論述する。 

又、第四章では、実際の調査を通じ、挙げられた諸問題についての様々な一般市民の声を知り、その社会的反響の理由について深く分析する。最後の第五章では、日本の死刑制度の未来をまとめる。 

  本論文の分析によって、社会安定に対する死刑制度の効果及び弊害を解析して、日本の死刑制度廃止が必然的な動向であることを説明する。ただ、その実現は極めて長い時間が必要で、現在終身刑が死刑に取って代わる形で力を尽くしている状況である。

 

キーワード:日本の死刑、弊害、利点、未来

 

目次

要旨

中文摘要

1.序論 1

2.日本の死刑制度概論 1

3.死刑制度肯定論1

 3.1社会全体

 3.2加害者

3.3被害者と遺族

4. 死刑制度廃止論3

4.1死刑の正義性

4.2取り返しのつかない死刑

4.3犯罪抑止率に効果がない死刑

5.日本の死刑制度の将来5

5.1世界の死刑制度からうける影響

5.2国民感情と意見

6.結論6

参考文献

謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部