日本人收入差距的分析_日语论文.doc

近几年,日本公司中间流行着“派遣员工”这一词语,也就是临时雇员。一般来说,正式员工一小时的工资是1000日元,而临时员工的一小时工资是600日元左右。正式员工一般都有社会福

要旨

 

現在、たくさんの日本人は、日本のお金持ちと貧乏の所得格差がどんどん拡大していると思う。だから、お金が足りないという考えがある。

「朝日新聞」のある調査から聞いて、74%の人は日本の所得格差が拡大していると思う。18%の人は日本の所得格差が拡大していないと思う。男性調査対象の中で、40代と50代の男性調査対象の中で、約83%の男性は日本の所得格差が拡大していると思う。

人々が所得格差の拡大を感じるのは、現在の若者たちの失業と就職難ということである。これも若者の所得格差拡大の原因である。

近年、日本会社では、「派遣社員」という言葉があり、これはつまりパートタイムである。普通はフルタイムの時給は千円だけど、パートタイムの時給は六百円くらいしかない。一般的正社員の社会福祉と退職金があるけど、パートタイムはそれがない。だから、パートタイムとフルタイムも所得格差の拡大する要因のひとつである。

一方、日本の少子化と高齢化も所得格差を拡大するの重要な要因である。厚生労働省は報告の中で説明した。1980年から、日本の老人の数はますます増えており、その中で、貧乏人がたくさんいる。それだけでなく、老齢化に伴って、若者たちは結婚したくないのであり、子供を育てるつもりもないのであるという変な循環に陥っている。

ところで、日本の累進課税率の減少も所得格差を拡大する原因のひとつである。1986年、日本の最高税率は70%、そして、15課税率ランクに分けられる。しかし、1990年代以降、累進課税体制の中で、最高税級がほとんど下がっており、1999年から37%となっている。

日本人はそういう現状の中で、多くの日本人はお金があっても買い物しない。『経済学者週刊』から聞いて、日本の中小企業の社員の給料は2001年から10%減っており、全体約5分の一を占める人は失業、あるいはバイトをしている、という現状である。東京の地下鉄駅でもホームレスがいる。

キーワード:所得格差;拡大;少子化;老齢化

 

目次

要旨

中文摘要

1. はじめに1

2. 現在日本の経済史1

3. 社会階層、格差の現状2

3.1 所得格差の拡大は見られるか

 3.1.1 所得格差の拡大

  3.1.2 年齢の不平等と人口高齢化

3.2 日本における資産格差

  3.2.1 資産格差の特徴と現状

  3.2.2 国際から見た日本の資産格差

  3.2.3 所得格差と階層間の移動

3.3 社会階層と階層意識の国際比較

 3.3.1 世代間と階層移動

  3.3.2 社会階層と学歴、職歴、能力

  3.3.3 階層帰属意識

4. なぜ所得格差は拡大している6

4.1 教育からの視点

  4.1.1 ペーパーテストの正答率から

  4.1.2 中学校の成績の規定要因の変化

  4.1.3「新しい学力」に見る階層差

4.2 若者と自営業の所得構造

4.3 社会政策の改革

4.4 消費の現場

5. 所得格差を改善するための政策8

5.1 規制改革を通じた公平性の確保

  5.1.1 公平性の基準とは

  5.1.2 医療の公平性

  5.1.3 福祉の公平性

6. 結論 9 

参考文献. 11

謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部