《心》中知识人先生的爱情悲剧_日语论文.doc

国内外研究夏目漱石的论文很多,主要侧重于他本人或单个作品的思想内涵,风格以及知识分子精神世界的研究。然而,不能忽视的是,作为一个创作内容以知识分子小说为主的作家,

要旨

 

長編小説「こころ」は夏目漱石の全盛時期の代表作品で、主人公の先生が友達Kと一緒に大家の娘に好きになって、その後の先生は利己心理の駆使の下で友達を裏切って、Kを自殺の道を追い込んだ。しかし、やっと娘と結婚した後、先生は幸せではなくて、よく良心と道義の激しい非難を被って、最後に自殺しました。「こころ」は先生が単純な少年から落ちて、私利私欲をむさぼる人になった、そして最後に自殺して自分の命を終えた。そして、本文は先生の愛情悲劇を研究したい。作者の生活する社会の背景と作者自身の原因の方面から着手して、愛情悲劇の原因を分析する。当論文は封建の残りの思想と西洋文化互いにぶつかる社会背景、および作者自身の痛ましい経歴が作品に対して創作して直接な影響がある。

 

キーワード:夏目漱石; 愛情; 婚姻; 知識人

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに1

2.「こころ」の知識人の先生の愛情悲劇2

2.1 先生は愛情に対する罪悪感2

2.2 先生はkに対する負罪感2

3.愛情の悲劇の形成原因4

3.1社会背景4

3.1.1西方の文化のショック4

3.1.2封建社会の武士道の思想5

3.2作者自身の原因5

   3.2.1作者の自己本体の意識5

   3.2.2作者自身の痛ましい経験6

4.終わりに9

5.参考文献10

6.謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部