从《入殓师》看日本人对死亡的看法_日语论文.doc

《入殓师》这部作品主要描绘了这样的情节:主人公小林大悟之前是一位提琴演奏者,因管玄乐队解散,不得不回到家乡山形,从事了为死者入殓的工作。从开始的怀着满腹疑惑工作,

要旨

 

本文は主に映画「おくりびと」中の佐々木社長、銭湯のおばちゃんツヤ子、平田正吉などの人物を通して日本人の死に対する見方を分析する。

「おくりびと」という作品では、映画の主人公の小林大悟は元チェロ奏者で、オーケストラが解散したため、故郷の山形県に帰り、遺体を棺に収める仕事に就く。いろいろ戸惑いながら仕事をしており、だんだん尊敬の気持ちをもって死者を送り出すことを覚え、この仕事の意義を理解していく。この映画の成功を取るのは、宗教に拘らず、暖かくて柔らかで、そしてユーモアな方式を通して、「死」に対して改めて考えるのを啓発する。この映画はきっと人々の共感を呼んでいるだろう。

周知のとおり、日本は自然災害が多い、この苦しい環境で、日本人は孤独で抑圧的に生活している。そして、死を連想し、死を通して解脱を求める。それに、武士は日本社会の独特な階級で、日本の精神に深い影響を与えた。もちろん、神道と仏教の影響も無視できない。

この三つの原因によって、日本人は死と生が繋がり、生命が愛の中で永久していると思い、死亡に尊重及び超越的な態度を持っている。この死生観の影響で、日本人はだんだん含蓄で勇敢勤勉的な性格を形成し、集団主義を重要視する。それに、日本特別の序列社会を形成してきた。

キーワード:死生観;おくりびと;勇敢勤勉;集団主義;序列社会

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに1

2.「おくりびと」について2

2.1映画「おくりびと」の概要2

2.2映画「おくりびと」の評価2

 2.3納棺師についての紹介3

3.「おくりびと」から表した日本人の死に対する見方3

3.1死亡に対する尊重及び超越な態度3

  3.2死と生が繋がること4

3.3生命が愛の中で永久していること5

3.3.1家族に対する愛について5

3.3.2仕事に対する愛について5

4.日本人の死生観の由来6

4.1宗教原因6

4.1.1神道6

4.1.2 仏教6

4.2地理原因     6

  4.2.1火山6

4.2.2地震7

4.3歴史原因7

5.日本人への影響7

5.1集団主義7

5.2勇敢勤勉7

5.3序列社会8

5.4含蓄的な性格8

6.終わりに8

7.参考文献9

8.感謝の言葉

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部