从日本传统建筑看日本人的处世之术–“间”_日语论文.doc

在学习日语的过程,我就被“间”在艺术、文学、语言等方面的魅力所吸引,所以就试着对“间”进行研究。在研究的过程,我发现“间”在日本人处世方面也发挥着极其重要的作用。

要旨

 

日本文化を勉強しているうちに、私は日本の独特な文化概念―「間」を知っている。「間」は日本の多くの分野を根拠付ける。「間」は日本音楽の中の「無音」、日本音楽の独特な演奏術であり、「間」は日本絵画の中の「余白」、日本絵画の独特な描き方である。私は「間」が日本人の処世術でもあると思う。建築は世間の縮図である。そこで、私は日本伝統建築から日本人の処世術―「間」を論じてみようと思う。処世は自然、他人、自分との付き合いにほかならないと思う。そこで、私は日本人と自然、他人および自分三つの関係から論じてみようと思う。私は日本人の「間」に対する研究によって、もしわれわれ中国人に日本人の処世術を理解することに積極的な役割を果たせば、あるいは中国人の処世に役立てば幸いである。

 

キーワード:間;処世術;伝統建築

 

目次

要旨

中文摘要

1はじめに1

2「間」――日本人の処世術1

  2.1間によって自然と共生する――縁側を例にして1

  2.2間によって他者を繋ぐ――玄関を例にして1

  2.3間によって自分を解放する――茶室を例にして2

3「間」の発生原因3

  3.1農耕社会3

  3.2島国根性3

  3.3仏教信仰3

4現代日本人の「間」意識の喪失3

  4.1「間」意識の喪失の表現3

  4.2「間」意識の喪失の原因4

5終わりに4

6参考文献5

7謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部