近代化过程中中日对外意识–从辫子和丁髻来看_日语论文.doc

本文以近代化过程中中日的辫子和丁髻为中心,来研究在西方文明的冲击下,中日体现出的对外意识,研究两国对外意识的差异和产生这种差异的原因。从而以史为镜,探究当今文化乱

要旨:十七世紀半ば、満州族の愛新覚羅氏は中国の歴史の舞台に登場して、清朝を建てた。建てられた王朝は危篤の封建制度を救ったが、明らかな民族の特徴を残した―成年男子は長い辮髪1本を垂らしていた。日本では江戸時代から、男は髪型を「月代」から「丁髻」に変わられた。近代化の途中で、中国の辮髪と日本の丁髷は西方文明の衝撃で、残された運命から切られた運命を経験した。

辮髪と丁髷の変遷は簡単な風俗の変遷だけではなく、政治を認めること、民族を認めること、社会の影響にも関係があって、重大な歴史意義がある。

本文は近代化における中日の辮髪と丁髻を中心に、西欧文明の衝撃のもとで、中日の対外意識、そしてその対外意識に差異が生み出す原因を研究するつもりだ。それによって、歴史を鉴とし、今の複雑な文化の環境で、中国がさまざまな文化の衝撃ではいかにして「異性に見向きもしないこと」という状態を維持するのか、いかにして中国の文化を健全に長期に発展されるのかを究明するつもりだ。

キーワード:近代化;辮髪;丁髷;対外意識

 

目次

要旨

中文摘要

1. はじめに1

2. 近代化における中国の辮髪の変遷1

3. 近代化における日本の丁髷の変遷2

4. 中日の対外意識3

 4.1 対外意識を生む主体

 4.2西欧を学ぶ方式と内容

 4.3 西欧を学ぶ目的と効果

5. 中日の対外意識の差異5

5.1中日の対外意識の差異

5.2差異の根源の分析

6. まとめ7

参考文献.9

謝辞.10

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部