浅析日本治愈系文化的成因_日语论文.doc

本文通过对日本治愈系文化的研究,从治愈系文化形成的背景及过程,着重研究分析治愈系文化的成因,加深对日本治愈系文化的了解,同时加深对日本的社会心理的了解。当今中国正

要旨:「癒し系」とは、ストレスやうつ病傾向などのある人を癒すために、さまざまな手法で、その人たちの心身に持続的、恒久的、継続的な安らぎような雰囲気をもっていることである。「癒し系」は日本から生まれてきた。この言葉が「ジョージア」のCMに現れ、その時は「安らぎ系」と言われていた。1999年に至るまで、ミュージシャンの坂本龍一は発表したアルバム「ウラBTTB」が癒しミュージックとして大ヒットして、「癒し系」ブームが流行りになってきた。1990年代に日本のバブル崩壊して、貿易競争がさらに激しいようになって、社会が不安になってきた。そのせいで、都市の発展の歩みを速めて、仕事や生活のストレスの大きさに遭った日本人は心身を温めてもらうものに癒されたかった。だから、その間に「癒し系」という言葉がよく使われていた。時代の発展について、「癒し系」の使用が様々な仕事の分野にとどまらず、いろいろな生活の分野にも広がっていた。2000年代へ入って、国内外の研究者は仕事や生活の様々な分野に存在する「癒し系」文化を深く分析して、その研究範囲が広がっているようになってきたが、その文化の成因を深く分析することはほとんどなかった。

この文章は日本の「癒し系」文化の形成の背景と過程から始めて、その成因に力点を置いて分析して、その研究を通じて、日本の「癒し系」文化とそれ相応の社会心理の理解を深めるようとするものである。今の世、中国の経済は発展の速度を速めるに従って、都市の発展の歩みを速めて、社会の競争がさらに激しいようになって、例外なく中国人の生存ストレスを増えるようになってきた。だから、中国人の生存ストレスを軽くなるのに対して、日本の「癒し系」文化の研究は積極的な指導の価値を提供している。

キーワード:癒し系;文化;成因

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに.1

2.癒し系文化の紹介.1

2.1 癒し系文化の背景

2.2 癒し系文化の発展過程

2.3 癒し系文化は様々な分野における表現

3.癒し系文化の成因.3

3.1社会の面

3.1.1癒し系文化の伝播

3.1.2日本伝統文化の促進

3.1.3二戦戦敗後の後遺症と国民不安の心理

3.2経済の面

3.2.1バブル経済の崩壊

3.2.2ほしいままにした拡張的財政政策

3.2.3過度の円上がり

3.3文化の面

3.3.1実用主義を持つ国民性の特徴

3.3.2高い集団主義

3.3.3当時の民衆の文化的な需要

4.癒し系文化の影響.6

4.1日本への影響

4.2世界への影響

4.3中国への影響

5.終わりに.7

参考文献.9

謝辞10

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部