《伊豆的舞女》中关于日语拟声拟态词中文译文的对比研究_日语论文.doc

研究目的:分析在中文译文中,应该怎么处理日语拟声拟态词。此外,探讨四个中文译本的异同。并在此基础上,明确4种译文各自的特征以及各自表现人物的内心感情的方法。

要旨: オノマトペは日本語にとって不可欠な言語要素である。そこで、本論の目的は4つの訳文は日本語のオノマトペの翻訳にどのような相違点があるか。そして、それぞれの特徴及び情緒を現れしているかを明らかにしたい。結論としては、①中国語のおけるオノマトペは日本語ほど多くなく、系統的ではない。中国語に訳す際に、日本語のオノマトペに対応する訳語が少ない。②林少華がオノマトペを割合多く翻訳するのに対し、ほかの訳者は直接的にオノマトペを用いていないが、代わりに動詞、副詞などを用い、原作の意味を表現していることが分かった。

 

キーワード:オノマトペ 中国語訳文 比較分析

 

目次

要旨

中文摘要

1. はじめに-1

2. 先行研究-2

2.1オノマトペに関する先行研究-2

2.1.1オノマトペの定義-2

2.1.2オノマトペの分類-2

2.1.3中日擬声語の相違-2

2.2 オノマトペの中訳に関する先行研究-3

3. 中国語訳文の比較-4

3.1『伊豆の踊り子』におけるオノマトペの使用-4

3.2四つの訳文におけるオノマトペの翻訳についての比較-5

3.2.1擬声語について-5

3.2.2擬態語について-9

3.2.3擬情語について-11

3.2.4擬容語について-13

4. 終わりに-15

参考文献

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部