从《雪国》和《伊豆的舞女》看川端康成作品的“物哀”[日语论文]

本论文通过研读川端康成的论著《雪国》和《伊豆的舞女》,深入探究了其中包含的日本传统美学特征,尤其是“物哀”之美。阅读川端康成的文学著作,研究其独特的文学创作风格,对于中国文学如何走向世界的舞台有着重要的启示和借鉴意义。

目次

摘要

要旨

はじめに1

第1章 川端康成の「物の哀れ」の形成原因と特徴1

1.1個人の経歴1

1.2時代の背景3

1.3作品の特徴から見る「物の哀れ」3

第2章 『雪国』から見る「物の哀れ」5

2.1 『雪国』の内容概要6

2.2 『雪国』の人物形象から見る「物の哀れ」6

第3章 『伊豆の踊り子』から見る「物の哀れ」8

3.1 『伊豆の踊り子』の内容概要8

3.2 『伊豆の踊り子』の人物形象から見る「物の哀れ」9

おわりに12

謝辞14

………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部