从《人间失格》一窥太宰治的自杀意识_日语论文.doc

通过利用图书馆资料和网络资源,熟识太宰治及了解其颓废的写作风格。并以青空文库下载的《人间失格》为论文的主要参考资料。并根据资料进行分类,整理。先求列出论文大纲,大

要旨:太宰治は日本でも有名な文学者で、無頼派の代表者として、人々に広く知られる。一方、太宰治の5回までの自殺事件は社会に強烈な反響を引き起こした。『人間失格』は彼の名作の一つとして、自伝的な性質があり、その中に4回の失敗した自殺事件に触れている。また、生涯5回の自殺の中で3回は心中である。本論は、『人間失格』を通して、本に述べた4回の自殺から太宰治の自殺意識を検討するものである。まずは、太宰治の生涯に基づき、太宰治の自分側から死にたがった原因を分析してみたい。次は、一緒に心中した女性側から、太宰治の自殺を遡る。本稿は分析法によって、4部分に分けた。最後に、家族・人間への恐怖、階級から生まれた不安、そして自殺幇助による自責、窮屈な生活、文学路上の波瀾、女性との揉め事等が太宰治の自殺の主な原因だという結論に至った。

 

キーワード:太宰治 『人間失格』 自殺 心中

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

2. 太宰治及び『人間失格』-2

2.1太宰治の生涯-2

2.2『人間失格』の概要-3

3.太宰治の自殺への分析-3

3.1.悩み多い少年-3

3.2.荒唐無稽な堕落生活-6

3.3.文学路上の波瀾-8

3.4.妻からの裏切り-9

4.終わりに-10

参考文献

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部