从构文角度比较「きっと」和「必ず」_日语论文.doc

陈述副词「きっと」和「必ず」是日本人在日常对话中使用的高频词。至今为止与此相关的研究不胜枚举,但这些研究大多数还是停留在对这两个词本身的词义特点,判断,推量以及命

要旨:日本人は陳述副詞「きっと」と「必ず」を日常会話の中で多用している。それらに関わる研究は今までいくつか行われてきたが、ほとんどこの二つの単語の本義や判断・推量・命令などの角度をめぐって論述してきたものである。本稿は、構文上の視点から、この二つの単語を比較したい。陳述副詞の規定と特徴を紹介し、これまでの「きっと」と「必ず」の使い分けに関する研究を踏まえて、まずモダリティの角度から、文末形式によってこの二つの単語を使う場合を検討したい。それから、「きっと」と「必ず」各自のそれぞれに意味用法によって、人称の制約について考察したい。最後に、陳述副詞と文末形式の呼応・共起から、「きっと」と「必ず」と文末形式の呼応・共起について検討したい。

キーワード:モダリティ 陳述副詞 人称の制約 共起・呼応

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

2.陳述副詞について-2

2.1 陳述副詞の規定と特徴-2

2.2 陳述副詞の分類-2

3.人称の制約から見る「きっと」と「必ず」の使い分け-2

3.1 「きっと」について-2

3.1.1 推量-2

3.1.2 意志-3

3.1.3 希望・命令-3

3.1.4 いつもの状態-3

3.1.5 確実さ-4

3.2 「必ず」について-4

3.2.1  推量-4

3.2.2  断定-4

3.2.3  意志-5

3.2.4  希望・命令-5

3.2.5  いつもの状態・習慣的なこと-6

4.モダリティから見る「きっと」と「必ず」の使い分け-6

4.1 モダリティの規定と特徴-6

4.2 文末形式の呼応・共起-7

4.2.1 陳述副詞と文末形式の呼応・共起-7

4.2.2 「きっと」と「必ず」と文末形式の呼応・共起-8

5.おわりに-10

参考文献

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部