从认知语言学的角度看「立つ」的意义扩张构造_日语论文.doc

本文从认知语言学的角度出发,考察「立つ」动作的原型,抽象出意向图示,确定它的基本义。再以原型理论为基础,确定「立つ」具有原型性的意项。然后,根据兰盖克的网络模型,

 要旨:本稿では認知言語学の視点から、プロトタイプ理論に基づき、「立つ」という動  作の原型から考察し、イメージスキーマを捨象して「立つ」の基本義を脱出する。そして、Langackerのネットワークモデルに基づき「立つ」の拡張義を分析し、多義語「立つ」の意味拡張のメカニズムを明らかにしてみたい。

キーワード:認知言語学 動詞 意味拡張 多義語

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

2.先行研究-2

2.1認知言語学について-2

2.2多義語の研究について-2

2.3意味拡張と多義分析モデルについて-3

3.「立つ」に関する先行研究-5

3.1「立つ」に関する研究現状-5

3.2「立つ」のイメージスキーマ-5

3.3「立つ」の基本義-6

4.「立つ」の意味拡張のメカニズム-10

4.1「立つ」のプロトタイプ的な拡張-10

4.2「立つ」のイメージスキーマ的な拡張-11

4.2.1空間的な意味拡張-11

4.2.2 空間から抽象的な概念への意味拡張-14

5.終わりに-18

参考文献

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部