从日本的家纹看文化的传承_日语论文.doc

本文主要对日本家纹长盛不衰的原因进行探讨,结合其自身原因和外部因素进行综合的分析。此外,针对中国类似的纹案的消失以及西欧纹章的日渐衰退进行比较探讨,借此归纳总结出

要旨:目下、伝統文化はますます注目されており、文化伝承もホットな課題になっている。日本の独特な家紋文化は千年以上の歴史を持ち、今なお輝いている。明らかに、これは文化伝承の最もよいモデルである。哲学によると、事物の発展の要素は内因と外因の二つに分けられている。本稿は日本の家紋を手本として、家紋自身の魅力を内因と考え、日本の経済、政治、社会状況と風俗などを外因と分析し、中国と西洋の類似品と比較することにより、経験と教訓をまとめる。これを通して、伝統文化の伝承を巡る問題解決の一助となることを期待している。

キーワード: 家紋 文化伝承 比較 変遷

 

目次

要旨

中文摘要

1. はじめに-1

2. 家紋の概要-1

2.1 家紋の定義-1

2.2 家紋の変遷-1

2.3 家紋の種類-2

3. 家紋伝承の秘訣-2

3.1 簡素な美しさ-2

3.2 家紋の庶民性-3

3.3 家紋の規則性-4

3.4 家紋と名武将-5

3.5 政策の支持-6

3.6 家紋の日常化-6

4. 中国文化の伝承に対する啓示-7

5. おわりに-8

参考文献

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部