中日量词的比较-以用法为中心_日语论文.doc

本文从助数词的含义、历史渊源、分类、用法等多个方面对中日助数词进行对比分析,并分析其异同的原因。以用法为中心,研究中日助数词的异同点,为日语初级学习者在学习的基础

要旨:近年、わが国は日本語の勉強が長足の進歩を遂げる。すでに英語に次いで第二外国語になる。中国語で量詞と呼ばれる品詞は日本語で助数詞と呼ばれる。助数詞は一般的に数詞の後ろにくっついている。中国語と日本語は、それぞれの言語において助数詞の研究は一定の成果をあげた。大量の助数詞を理解して使用することは人々に便利を提供していた。日本語と中国語の共同特徴は量が大きいである。両者は関係もあるし、区別もあって、共通性があれば、個別性もある。日本語の勉強の初級段階で、中国語と日本語の助数詞を比較することは勉強の難点を確定することに有利である。

本文は助数詞の意味、歴史淵源、分類、使い方など多くの方面から中日の助数詞と比べて、異同の原因を分析する。用法を中心に、中日助数詞の異同点を研究して、日本語の初心者のために基礎段階で学習の重難点を確定して、できるだけ母語の移転を実現する。そして、言葉の表現はもっと具体的になる。それゆえ、中日両国の言語の文化を交流することを促進する。

 キーワード:量詞;助数詞;用法;中日比較;異同原因

 

目次

要旨

中文摘要

1. はじめに.1

2.助数詞について2

2.1中日助数詞の定義

2.2中日助数詞の歴史源流

 2.3 中日助数詞の分類.3

 2.3.1中国語の助数詞の分類

 2.3.2日本語の助数詞の分類

 2.3.3中日助数詞の分類の比較

3. 中日助数詞の用法比較.7

3.1形態

3.2文における位置

3.3修辞用法

4. 用法異同の原因.11

4.1 用法が同じ原因

4.2 用法が違う原因

 4.2.1歴史の原因

 4.2.2文化の原因

5.おわりに12

参考文献13

謝辞14

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部