从小野二郎来看工匠精神_日语论文.docx

在政府活动报告中,谈及“鼓励企业开展个性化定制,柔性化生产,培养精益求精的工匠精神,增品种,提品质、创品牌。”工匠精神初次登上政府工作报告后,这种热议交织。通过发

要旨:十九世紀八十年代における経済の改革以来、我が国の経済は急速な発展を遂げている。しかし、目の前の利益を第一とし、落ち着くのではなく、また、ネットワーク時代の衝撃を受けて、今現在の中国では匠の精神一度を失ったことがある。そして、2010年の中国人民代表大会及び中国共产党员代表大会で李克強総理が政府報告の中で匠の精神を取り上げた。政府報告では、「企業が個性に応じたオーダーメードや柔軟な生産を展開することを奨励し、よりよいものを追い求める匠の心を育成し、商品の種類を増やし、品質を向上させ、ブランドを樹立する」という指摘があった。「匠の精神」が初めて政府報告に登場してからは、あちこちで熱い議論が交わされた。「匠の精神」を発揮することによって、中国の「製造大国」から「製造強国」への移行を促し、企業の精密さの追求と品質の向上を促進し、仕事に関してより多くの人々が真面目で、仕事への敬意、ねばり強さ、革新を追求するようになることは間違いない。

それに対して、工業化の時代で、製造業強国の日本はまだ「匠の精神」を育ててきた。数多くの日本の長生きな企業は匠の精神の技能、精神、価値と道徳の内包を深く説明することができるのであろう。本論文は日本の匠人から匠の精神を考察しょうとする。特に、国の宝と言える匠人「寿司の神様」小野二郎を例にして研究する。匠の精神を分析することを通じて生かせることを目指しよう。 

キーワード:日本の匠人;匠の精神;中国への啓発

 

目次

要旨

中文摘要

1.序論1

1.1背景説明

1.2問題提起  

1.3方向付け

1.4全体の予告

2.実例:寿司神様一小野二郎から見た匠の精神. 2 

2.1小野二郎について

2.2いつもお客様を大切にする

2.3愛業の心持ちがある

2.4本分を守る、淡々と事にあたる

2.5専業精神がある

2.6美しさに追い求める心がある

3.匠の精神の定義と起源と発展3

3.1匠の精神の定義

3.2匠の精神の起源

3.3匠の精神の発展

3.3.1古代ギリシア-ローマ時代

3.3.2中世宗教改革

3.3.3 匠の精神の喪失

4. 匠の精神への考察. 5

4.1絶えずに改善の創造的な精神

4.2富を求め、徳を積む創業の理念

4.3継続的仕事への激情

4.4知行一致の実践理念 

5.日本の匠の精神から中国への啓発 6

5.1時代価値

5.1.1伝統継続する価値

5.1.2現代新しい価値

 5.2育成方法

5.2.1社会主義核心価値観で匠の精神を率いる。

5.2.2精鋭化を除いた場合の匠の精神

5.2.3匠の精神の注意点

5.3現代意義

6. 結論 8 

参考文献9

謝辞.10

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部