芥川龙之介《杜子春》与中国原著的比较_日语论文.doc

芥川不仅喜欢日本文学,而且还特别爱读中国古典文学作品。在芥川龙之介的小说中、直接从中国的历史小说中取材、或者直接以中国作为写作背景的作品很多。这些作品在他一生的创作

要旨:芥川龍之介(1892-1927)は、日本の大正時代の代表的な作家であり、彼の短い人生の中で、多くの優れた小説を作成した。彼は150以上の短編小説を書き、「秀才作家」として知られている。彼の短編小説は非常に短いが、描かれた内容は奇妙である。彼は「社会現象」について非常に心配していたが、めったに直接に評論していなかった。鋭くて簡潔な言語で、高度な芸術的な感染力を表現している。『羅生門』、『藪の中』などは芥川の代表作である。

芥川は、日本文学が好きなばかりではなく、特に中国の古典文学を読むことが好きだ。芥川の小説の中で、中国の歴史小説から取材し中国を背景とするものが多い。これらの作品は彼の生活の中で非常に重要な役割を果たしていた。『杜子春』は1920年に作成されており、『太平广記・杜子春伝記』より作り直された短編小説である。本稿は芥川の『杜子春』と古代中国の伝説の『杜子春伝記』の比較により、芥川文学の源泉を探り、中日文化の違いを把握しようとしている。

 

キーワード:芥川龍之介;杜子春;中国語の原作;比較

 

目次

要旨

中文摘要

1. はじめに1

1.1 問題提起

1.2 先行研究

1.3 研究の目的と意義

2. 芥川龍之介の「杜子春」及び原典の比較2

2.1 背景の比較

2.2 時間と場所の設定

2.3 人物イメージの比較

2.3.1 杜子春イメージの比較

2.3.2 鉄冠子イメージの比較

2.4 ストーリーの比較

2.4.1 贈りがねの方法の比較

2.4.2 試練の比較

2.5テーマの比較

2.5.1 母への愛と子供への愛

2.5.2 自己認識と道教上の求仙

2.5.3 釈然と不釈然

3 相違を起こす原因について9

3.1 作者の生い立ちの違い

3.2 時代背景の違い

3.3 中日文化の違い

4.結論10 

参考文献11

謝辞12

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部