芥川龙之介小说中的女性形_日语论文象.doc

本文在对芥川龙之介笔下不同时期的女性形象进行整理的基础上,将这些女性分为古典、现代题材中的女性形象两大类别来进行分析。通过对文本中各种女性形象的解读,让我们了解到

要旨:芥川竜之介は日本大正時期の代表的な作家で、日本文学史上の短編小説の巨匠である。彼は全力で短編小説を創作し、短い一生の中で、148編の短編小説を書いた。彼の短編小説はとても短く、取材が斬新で、筋が目新しく、そして甚だしく怪しい。作品は社会の醜い現象に関心を持っており、短い言葉で評論を下し、冷やかな書きぶりと簡潔で力強い言語でストーリーを述べ、読者に醜悪を深く感じさせ、高い芸術の感化力を明らかに示す。

 しかし芥川竜之介の短い一生はすべて悲観的で、世をはかなむ情緒にすっぽり覆われている。最後に自殺した。彼の生い立ちを見渡すと、多くの女性と分けられない関係を持っていることは容易に発見できる。その作品の148編の中で、女性像を渉猟する作品は76編、そのうち鮮やかな女性像を持つのが38編、知識女性、農婦、労働女性甚だしくは娼婦など多くの階層を含んだ。これらの生き生きしている女性像は作者の審美基準とその女性観を確かに反映しただけでなく、当時の女性の地位と境遇も濃縮する。 

 本論は芥川竜之介の小説の異なる時期の女性イメージを整理する上、古典・現代題材中の女性イメージという2種類に分類して分析する。テキストの中における各種の女性の如実的な解読を通じ、私達に女性に対する芥川竜之介の態度を把握し、女性イメージの形成原因を分析する。

 キーワード:芥川竜之介;態度;女性イメージ;女性の地位;形成原因

 

目次

要旨

中文摘要

1はじめに1

 1.1先行研究

 1.2研究方法

 1.3研究の目的と意義

2芥川龍之介の生い立ち及び作品全体の概観.2

2.1生い立ち

 2.2作品全体の概観

3歴史題材の小説における女性像.3

 3.1繰り返して定まらない女性観

 3.2『羅生門』における老婦人

 3.3『地獄変』における娘

4現代題材の小説における女性像.5

 4.1寂しく不安な人生の後期

 4.2『南京の基督』における娼妓

 4.3『一塊の土』における農婦 

 4.4『蜜柑』における小娘

5芥川龍之介の小説における女性像の形成原因.9

 5.1芥川の幼い時の体験

 5.2芥川のマザコン

6終わりに10

参考文献.12

謝辞.13

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部