岛崎藤村《家》中“种”的悲剧式命运原因研究_日语论文.doc

先行研究中大都认为是“种”个人的婚姻观、社会的伦理道德观导致了其悲剧式命运。本论文认为除了她个人的婚姻观、社会道德伦理观导致他悲剧式命运外,“种”的悲剧式命运还与

要旨

 

島崎藤村の『家』が一九〇九年から創作された。日本の二つの大家族――小泉家と橋本家を中心として、家父長制の礼節、風俗及びこの制度の中で成長してきた人々が苦しめられることを描写した。島崎藤村は自然主義と自叙伝という方で封建的な家族制度の罪と根源をはっきり述べて、封建的な家族制度が滅亡する運命をわかりやすく示す。この作品は島崎藤村のもとも偉い作品と呼ばれてもいいと思う。『家』にはお種が主人公として登場している。お種は明治時代の旧家の代表であり、封建的な家父長制における儒教論理の道徳を忠実に守る者である。お種は気が強くて、婦徳を固く守り、勤勉で一家のきりもりをして、旧家と夫に忠実したとかんがえられる。お種の命運は悲劇的である。本稿は小説の中で社会の婚姻観、子供の教育観と伝統産業の伝承観からお種の悲劇的な運命の原因を分析するつもりである。そして、彼女の悲劇的な運命の原因は小説の社会背景から女子に対しての教育が不徹底だし、子供のことにも干渉すぎだし、伝統産業の伝承観が変通されないという結論を得た。

キーワード:封建家長制度;儒学の論理道徳観;旧家を守る者

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

1.1小説について-1

1.2先行研究-2

2.お種の悲劇的な命運の形成原因-2

2.1作品の中で社会の婚姻観から見る-2

2.1.1女性地位を変化する程度-3

2.1.2女性教育と婚姻観変化との関係-3

2.2息子に対する態度から見る-4

2.2.1息子に対しての希望-4

2.2.2息子の婚姻に対する態度-4

2.3伝統的な家族の産業の伝承から見る-5

2.3.1旧家を忠実に守る-5

2.3.2養子が家族産業を変革することに対する態度-5

3.終わりに-5

参考文献:-7

謝 辞-8

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部