论《雪国》中的恋爱悲剧_日语论文.doc

川端康成因其独特的个人生活经历与恋爱经历,使其在作品中较明显地表现了作者对爱情的憧憬与向往的个体倾向,形成了虽然美丽但是却悲伤的爱情基调。所以本论文将从《雪国》中

要旨

 

 『雪国』は川端文学を代表する名作と呼ばれている。海外でも評価は高く、川端康成がノーベル文学賞となった作品でもある。また書かれた当時は、日本国外にいる日本人が故国の郷愁を誘う作品として愛されていたという。『雪国』は雪国を訪れた男が、温泉町でひたむきに生きる女たちの諸相、ゆらめき、定めない命の各瞬間の純粋を見つめる物語。愛し生きる女の情熱の美しく哀しい徒労が美的に表出されて描かれている。『雪国』は现代主义を日本側に古典主義美意識転換の時の代表作は、川端康成のこの時期は最初の优秀な小説で、『雪国』を契機に、川端康成から離脱した現実主義の封鎖を受け入れ、たっぷりの威力を発揮した長編作家の特徴だった。『雪国』における愛情を求める女性の人物像や家庭内のことや、男と女などの間の感情の交流を繊細でいきいきに描くだけでなく、川端康成の女性観、虚無観及び無常観と言った文学意識が見られる。実際は『雪国』も川端康成の悲しい恋愛経歴の偲びであったと言われたかもしれない。

 本文は『雪国』の創作背景を配慮し、駒子、葉子、行男及び島村の言語、動作、性格及び社会地位への研究を通じて、四人のキャラクターの特徴を検討する。まず、『雪国』の中の恋愛悲劇の表現の研究を通じて、恋愛悲劇の由来を探討する。それから、島村、駒子など四人の性格、社会身分、恋愛に対する態度の具体的描写を分析し、性格、社会身分、恋愛に対する態度が恋愛悲劇との間にどんな関係を持っているかと研究する。最後に違い性格、格差がある社会身分及び恋愛態度によって、最初から、彼らの愛情が悲しい結局になるに決まっている。

 

キーワード:恋愛悲劇;徒労;虚無観;無常観

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに1

  1.1『雪国』のあらすじ

 1.2 先行研究

2.『雪国』の中の恋愛悲劇の表現3

  2.1 男性の恋愛悲劇

 2.2 女性の恋愛悲劇

3.『雪国』における人物恋愛悲劇の形成原因 .5

  3.1 性格の原因

 3.2 恋愛の態度

 3.3 社会の身分

4.おわりに.7

参考文献.8

謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部