芥川龍之介《罗生门》在中国的传播途径与人们的接受_日语论文.doc

研究目的:芥川龙之介的短篇小说《罗生门》在中国的传播途径以及人们对它的接收程度;主要思路:以传播学理论为基础,在充分了解小说内容和主要思想的前提下,从译本、电影、

要旨:芥川龍之介は日本の有名な小説家で、主に短編小説を書き、多くの傑作を残した。『羅生門』は芥川龍之介の早期の歴史題材小説として海外によく知られている。本文は『羅生門』の中国での伝播経路を研究し、中国での受容状況を分析する。

 研究を通して、『羅生門』の中国での伝播経路は主に三つの類に分けられていることが分かる。魯迅の初訳を始めにした漢語訳本、黒澤明による監督された映画の『羅生門』の進め、小説『羅生門』の漫画化とインタネットによる『羅生門』の電子化という四つの経路で伝播される。そして、それらの伝播経路を通して、早期の中国語訳本の『芥川龍之介全集』が出版され、芥川龍之介に対する研究と「芥川熱」が出現し、「羅生門」に新たな定義も明らかになる。

キーワード:芥川龍之介 『羅生門』 伝播経路 受容 中国

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

2.先行研究-1

3.芥川龍之介と『羅生門』-2

3.1 芥川龍之介について-2

3.2 『羅生門』について-3

4.小説『羅生門』中国での主な伝播経路-3

4.1 魯迅の初訳と他の訳本-4

4.2 黒沢明の監督された映画の『羅生門』の促進-5

4.3 ほかの伝播経路━━漫画とネットワーク-6

4.3.1『羅生門』の漫画化-6

4.3.2ネットワークと『羅生門』の電子化-7

5.小説『羅生門』中国での受容-8

5.1 漢語本『芥川龍之介全集』の出現-8

5.2 『羅生門』から芥川龍之介の研究と「芥川龍之介熱」-9

5.3 「羅生門」に対する新たな定義-10

6.おわりに-11

参考文献

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部