目的论视角下莫言的《丰乳肥臀》日译本的研究_日语论文.doc

莫言凭借《丰乳肥臀》等作品获得了诺贝尔文学奖,一时间世界各地发起了对其作品的热译。其实早在他获奖之前《丰乳肥臀》就已经有多个译文版本,其中日文译本是1999年由平凡社出

要旨:莫言の代表的な作品である『豊乳肥臀』はすでにいくつかの外国語に翻訳された。それら訳本の中に、吉田富夫が翻訳した日本語訳本は日本で大きな反響を呼んだ。ドイツの機能主義翻訳理論家が提出したスコポス理論によれば、いかなる翻訳であれ、翻訳の目的に決められる。そして、スコポス理論は文学作品の翻訳に対して重要な意義がある。本稿はスコポス理論に基づいて、原文と訳文の対照によって、訳者の翻訳目的を果たすかどうかを考察する。原文と訳文の対照を通して、吉田富夫の日本語訳本は基本的にスコポス理論に従って、原文の内容を読者に伝えることが分かった。少し不足なところがあるけれども、異文化のコミュニケーション目的を達成する。

キーワード:『豊乳肥臀』 スコポス理論 自国化 異国化

 

目次

要旨

中文摘要

1. はじめに-1

2. 先行研究-1

3. 『豊乳肥臀』について-1

3.1 莫言と『豊乳肥臀』-1

3.2 吉田富夫と日本語訳本-2

3.3 莫言と吉田富夫-3

4. スコポス理論-3

4.1 スコポス理論-3

4.2 翻訳の目的-4

5. スコポス理論から見る『豊乳肥臀』の翻訳-5

5.1 題目・目次-5

5.2 文化関連語彙-6

5.3 慣用表現-7

5.4 人名-8

5.5 段落-9

6. おわりに-11

参考文献-12

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部