日本女性社会地位的变迁_日语论文.doc

本文以日本女性的社会地位为研究对象,运用比较分析的研究方法,探究日本女性社会地位的变化,就各个时代女性社会地位的特点以及女性社会地位发生变化的原因进行阐述。正文共

要旨:女性の権利を求め、男女平等を追求するのは長い間に国際的な課題である。フェミニズムは18世紀末にヨーロッパで芽生え、その後ほかの地域に広がり、世界各国で大きな反響を呼んでいた。日本は先進国に所属しているが、女性の活躍は、欧米諸国と比べると,進歩の余地がまだたくさんある。日本の女性の社会地位が時代の推移と社会背景の変化に従い、絶えずに変遷しつつある。本稿では時代を軸とし、比較の研究方法を用い、各時代の社会背景と結び付け、女性の役割と当時の国への貢献を分析し、日本社会における女性の社会地位の変遷を研究する。その上、女性の社会と家庭内の地位の現状に対する保護的な対策を講じ、男女平等の教育を重視し、本当の男女平等と女性解放を呼びかけようとしている。

キーワード:女性の社会地位 変化 男女平等 フェミニズム

 

目次

要旨

中文摘要

1.  はじめに-1

2. 先行研究-1

3. 女性の繁盛期-2

3.1 原始社会から古墳時代-2

3.2 飛鳥時代と奈良時代-2

3.3 平安時代-4

4. 女性の衰退期-4

4.1 家制度の建立-4

4.2 儒教の影響-5

5. 女性の復興への道-6

  5.1 明治以降-6

5.1.1 男女平等へ-6

5.1.2 啓蒙思想の影響-6

5.1.3 女性教育の発展-6

5.1.4 近代産業への貢献-6

5.1.5 フェミニズムの興隆-7

5.2 第二次世界大戦中-8

5.3 第二次世界大戦後-8

5.4 平成の日本女性-8

6. おわりに-9

参考文献-10

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部