探讨日本对台湾的影响_日语论文.doc

研究目的:台湾的历史非常有特殊性,特别是在近代,台湾被迫割让给日本长达50年之久。日本对台湾的殖民统治到来的影响是非常值得关注与研究的。要求:行文通顺并具分析法和比较

要旨: 1894年(甲午年)、新興的な軍国主義国家――日本は、中国に対する侵略戦争の勝利を得て、腐敗な清朝政府に下関条約を強制的にサインさせ、台湾は日本に割譲させた。1895年から1945年の再興まで、台湾は51年に渡って日本に統制され、警察制度や保甲制度などの高圧制御を補佐するため、政治上で総督独裁を行われて、台湾人民が残酷な鎮圧と奴隷役を行われる;経済上で「日本経済一体化」を執行されて、台湾経済が制御されて、日本経済の従属物にさせた;文化上で差別教育と同化政策を強制的に遂行されて、台湾人民が日本の順民になることを図っていた。1895年台湾が割譲されたことはもう19世紀の終わりのことで、今21世紀に入って、殖民統治の往事史実によって、今後台湾の発展に重要な影響を及ぼす。 

キーワード: 台湾  日本  殖民統治 日本殖民政権 台湾総督府

 

目次

要旨

中文摘要

1.-はじめに-1

2.-本論-1

2.1-下関条約-1

2.2-政治-2

2.2.1-統治政策-2

2.2.2-政治体制-2

2.3-社会制度の変遷-2

2.3.1-経済-2

2.3.2-教育-3

2.4-建設管理-4

2.4.1-交通輸送建設-4

2.4.2-水利と発電基礎建設管理-5

2.5-文化の発展と習慣の導入-6

2.5.1-文化の発展-6

2.5.2-習慣の導入-6

2.6-民政変革-7

2.6.1-三大陋習の改正-7

2.6.2-市改正-7

2.6.3-公共衛生-7

2.6.4-理蕃政策-8

2.6.5-時間-8

3.-おわりに-8

参考文献-9

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部