浅谈日本奈良时代对道教的受容[日语毕业论文]

奈良时代的道教(家)思想被日本接纳的情况,表现为在政治上受到冷落,与之相对在文化上则被日本文化所吸收并成为其不可或缺的一部分。奈良时期日本朝廷针对道教(家)思想的这一态度,与唐朝将道教尊为“国教”的情况形成了鲜明对比。 被日本文化所吸收的道教思想,特别是在日本的神道教、创世神话的内容、阴阳道的理论和法术、伊势神道的体系化等多方面都产

目次

摘要

要旨

始めに 1

一 背景総括:繁盛した中日往来と唐の「国教」としての道教1

1 唐との外交を重視する奈良朝1

2 道教を尊ぶ唐の時代2

二 奈良時代に政治上冷遇された道教と道家思想2

1  奈良朝に禁止された道教3

1)「天皇は道教を尊ばない」という日本の外交辞令 3

2)奈良の朝廷に禁止された道教法術 3

2 道家教典に対する唐と奈良朝の違う態度4

三 奈良時代に日本文化に吸収された道教と道家思想4

1 道教の伝播に役立つ媒介4

1)遣唐使の役割 4

2)渡来人の役割 5

2 日本の宗教に吸収された道教6

1)修験道と道教 6

2)記紀神話と道教の関係 7

3)陰陽道と道教 7

4)仏医などの日本文化と道教 8

四 奈良時代における道教思想の受容形態の原因分析9

 1 道教に対する奈良朝の受容態度の原因分析 9

1)日本独特な外交戦略と道教9

2)仏教、神道との衝突10

3)中国文化に対する奈良朝の取捨と改造13

2 文化上において受け入れられた原因について  14

1)神道の発展と繋がっている道教14

2)東洋文化への道教思想の影響の深さ 15

終わりに 16

謝辞 18

参考文献 19

………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部