从日企商标分析日本的家纹_日语论文.doc

家纹与企业商标多有相同之处,现存的百年企业中有很多将创始人的家族图纹融入到企业商标中去,这既是一种家纹传承,又是一种时尚创新。而日本皇室和武家的家纹本身是具有强大

要旨

 

日本家紋の起源が最初に平安時代末期で、これまで計近い九百余年の歴史がある。最初の家紋が贵族や武士に使われて、貴族は家紋を牛車や衣服に印して、差别の机能があって、また上品である。家纹と家族のロゴをつけるだけでなく、日本の商業にも影响が深いである。

家の落款が家紋で、店の印は屋号で、会社の落款が商標である。会社の商標と創業主の家紋に関连して、このような傾向は歴史が悠久な家族財団系の会社中で明らかである。例えば有名な日本の三菱のラベルは自宅纹からのヨンナム纹で、一番早いヨンナム纹を使用するのは、チュンチョン源氏义光流の武田氏である。

 1970年代に、日本文化は欧米などの文化の衝撃を受けて、商标图文側が緩やかに外国の理念を勉強し、新情报時代が到来し、人々の欣の水準が高まり、商標の外在だけでなく、より商標の内在的な意味が含まれていることや文化の背景を重視する。アルファベットを含む日本のブランドはだんだん競争力と活力を失った。また、日本人の心の中の精神文化と民族的な誇りも欠乏したため、今の日本企業がますますは商标のデザインを強化しなければならない。自分は伝統文化の精神が蓄積され、伝承しなければならない。今は、家紋を商标としてデザインしたことも一種の流れとなった。

 家纹と企業のブランドが多いところでは似たような点があり、既存の百年の企業のうち、多くは創業者が家族の纹様を企業ブランドに溶け込んでいる。これは家紋伝承であり、ひとつのファッションでもある。日本の皇室と武家の家紋自体は強力なパワーと影響力のだが、なぜ企業のブランドの文化の中で十分に発挥しない、重要な役割を浪費した。

 

キーワード:家纹;企業;商標

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに1

 1.1 家紋の定義について

 1.2 日本企業と家紋の関係について

 1.3研究の目的と意義

2. 三菱企業のマーク.2

 2.1 三菱マークの分析

2.2三階菱と三ツ柏について

 2.3.三菱企業のマークと武家家紋の関係

3.他の有名な家族企業のマークと家紋の分析3

3.1 他の有名な家族企業のマーク

3.2 有名な家紋

 3.2.1武家家紋

 3.2.2天皇家紋

4.家紋の重要な意味3

  4.1尚美的な意味

  4.2指示的な意味

  4.3瑞祥的な意味

  4.4記念的な意味

  4.5尚武的な意味

  4.6信仰的な意味

5.家紋の現在と未来に発展状況5

5.1 伝承と運用(使い道)

5.2 日本図形に与えた影響

5.3 武家家紋と天皇家紋の発展の可能性

6.結論.13

7.おわりに 15

参考文献.16

謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部