浅谈动漫《浪客剑心》中的禅意_日语论文.doc

关于“禅”,日本历来研究甚重,忽滑谷快天、松本文三朗、宇井伯寿、铃木大拙、柳田圣山等人都是耳熟能详的国际学者,他们的研究成果至今都具有重要的指引作用。铃木大拙的《

要旨

 

「禅」はロジックと違い、世界を理解する論理的な方法の一つだ。心で悟ることはできるが、言葉で伝えることはできないものなのだ。鈴木大拙は禅が武士の精神構造における重要な地位を占めるものだと考えている。最高の武士は難に臨んで死を畏れず、命をかけて主君に仕えることのだ。普光和尚が提唱する「禅剣同一」の思想は、柳生宗矩、宮本武蔵といった有名な武士にも大いに影響を与えたとされている。日本のアニメは日本のユニークな芸術流派として、日本伝統文化の普及に大きな役割を果たしている。余艶琛は『菊と剣の交錯』という文章(福建フォーラム社会科学教育版2007年特許)の中に『るろうに剣心』の弥彦の逆刃刀を通し、武士道と禅の関係について分析を行った。尾関宗園の『禅心(生死心)』はこの知恵がある思想への深い説明である。当本は納沢庵和尚の『不動知神妙録』、『太阿記』及び宮本武蔵の『五輪書』などの真髄を受け止めた上、尾関和尚の心得を取り入れ、仏法、禅剣文化、武道哲学など幅広くて豊かな内容に触れたものである。尾関宗園の『禅心(生死心)』は多くのわかりやすい事例で処世術と生存の方法を述べた。季愛琴は『日本文化における禅』(解放軍外国語学院学報2000年第五期)に、「日本禅」の独特性を詳しく紹介し、日本人の審美観、労働観、生死観などへの重要な影響を分析した。禅かアニメかどちら一つについての研究は少なくないが、アニメの中の「禅」に関する具体的な研究はまだ多くない。本稿は新世紀に大人気を呼ぶアニメの「るろうに剣心」を例にし、本論はまず「禅」、それから、アニメについて合わせて論じてみようと思う。まず、禅の角度から、禅の定義及び禅と武士のつながりを論じる。それを道徳上の勇往邁進と哲学上の生死無限というレベルに分ける。武士と剣のつながりを禅と剣のつながりに伸びて論じてみる。それから、第二部分として、アニメ「るろうに剣心」の分析と禅からの影響となる。主人公たちの人物像やストーリーを詳しく分析し、その中に流れる「禅」を把握し、大衆社会に対する日本の伝統文化の影響を理解し、日本文化や日本人への真の理解を目的とする。

 

キーワード:禅、武士の精神、日本の伝統文化、アニメーション

 

目次

要旨

中文摘要

1. 序論.1

2. 禅と武士2

2.1禅の定義

2.2禅と武士.

   2.2.1道徳上:「勇気」

  2.2.2哲学上:生死無限

2.3武士と剣及び剣と禅

3. アニメーションの『るろうに剣心』の紹介3

3.1『るろうに剣心』を選んで分析する理由

3.2ストーリーと人物の紹介

4. ストーリーから見る『るろうに剣心』における「禅」.4

4.1『京都編』の禅

4.2『追憶編』の禅

5.人物から見る『るろうに剣心』における「禅」.6

5.1緋村剣心と禅

5.2薫と禅

5.3相楽左之助と禅

5.4明神弥彦と禅

6. 結論.8

参考文献9

謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部