浅析东野圭吾小说《白夜行》中的爱情纠葛_日语论文.doc

《白夜行》这本小说中主人公之间的爱情一直是本书的一个疑点,有人认为他们之间是没有爱情的,有的只是惺惺相惜,狼狈为奸。而很多人也认为他们是存在爱情的,虽然那已经不在

要旨

 

愛情は人類の永遠の主題である。小説『白夜行』には、その独特の憂鬱な基調と冷静で簡潔な筆遣いにより、主人公の間の感情葛藤や、絶望で悲痛な愛情が生き生きと語られている。『白夜行』の不可解な愛情は久しく多くの者の論争問題で、これについての研究も少なくない。本論では東野圭吾の傑作『白夜行』に基づき、小説の創作背景や、主人公の人物イメージ、女主人公雪穂、三人の男性の関係を研究したい。それぞれ高宮誠、篠塚一成、桐原亮司三人、唐沢雪穂との愛情のもつれを探求しようと考える。

キーワード:白夜行 人物イメージ 時代背景 愛情

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに.1

2.『白夜行』の創作背景. .1

3.『白夜行』の人物イメージ.1

   3.1利己的で完璧な唐沢雪穂

   3.2無私な奉仕者桐原亮司

4.『白夜行』の不可解な愛情2

  4.1雪穗と高宮誠の婚姻

  4.2雪穗と一成の曖昧さ

   4.3雪穗と亮司の愛情

5.『白夜行』の不可解な愛情の原因4

  5.1雪穗の婚姻の失敗原因

  5.2雪穗と亮司の愛情悲劇の原因

6.終わりに.5

参考文献.6

謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部