分析《论语》对现代日本的影响_日语论文.doc

《论语》在日本扮演着重要的角色。特别是到了明治时期,《论语》成为了维护统治的意识形态工具。日本人根据《论语》,形成了日本的精神文化。本文就以各个时代的《论语》的接

要旨:飛鳥・奈良の時代に日本に伝えられてから今まで『論語』はもう千七百年以上の歴史を持っている。時代によって、背景が違うので、政治、経済、文化、科学技術、国際関係などは日本における『論語』の受容に大きな影響を与えている。そして、受容のプロセスは複雑である。『論語』は日本で重要な役割を果たしている。特に明治時代になると、イデオロギー的支配の道具になってきた。日本人は『論語』に基づいて日本の精神文化を形成していた。本稿では各時代に『論語』の受容を中心にして、分析、研究をしていく。

キーワード:『論語』 日本 受容 

 

目次

要旨

中文摘要

1.-はじめに-1

2.-『論語』と日本-1

2.1 『論語』について-1

2.2 『論語』の日本への輸入-2

3.-日本における『論語』の受容について-3

3.1  古代と中世の受容-3

3.2  近世の受容-4

3.3-近代の受容-4

4.-おわりに-6

参考文献

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部